« 国分寺市のロケット模型は400万円 | トップページ | 甘い「京都の夜」はハニートラップ? »

2016年2月13日 (土)

玉川上水に架かる橋は「百石橋」

 最近、東村山市内に現場があるため、国立市からほぼ北上すImage3ことが多いのですが、多摩地域の南北のつながりの悪さを実感しています。
 先日、立川市若葉町方面から武蔵大和駅方向に走る「けやき通り(都市計画道3・4・23号国立駅大和線)」の玉川上水付近を通過しますと、まだ一部が通行禁止でしたので、仕方なくクランク状に迂回して向かいました。昨年末ころには、1月末に開通予定との看板が出ていたので期待して向かったのですが、3月中と変更されていました。玉川上水に架かる橋も一見完成しており、通行出来そうに見えたのですが、何か都合があるのでしょう。ただ、車は通行できないのですが、自転車や歩行者は通行できるようです。きっと、小平西高や付近の皆さんは便利になったはずです。
 通行人に橋の名を尋ねると、「百石橋らしいですよ」と教えてくれました。
 開通しますと、五日市街道方面から青梅街道方向に抜ける方々は便利3423になるはずで、立川通りや府中街道の渋滞緩和が期待されます。いずれ、こ道路は国立駅方面につながるようですが、国立側(実際は立川・国分寺市側)は殆ど土地買収が進んでいないようなので、全線開通は数十年先でしょう。
 この道路の開通によって、現在「立川駅発・若葉町折り返し」の路線バスが、折り返しせずに、例えば「東村山」や「久米川」、或いはダイヤモンドシティ方向に向かう巡回路線に変更されることもあると見ています。

|

« 国分寺市のロケット模型は400万円 | トップページ | 甘い「京都の夜」はハニートラップ? »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

件の小平3・4・23号線(国立市内では多分3・4・12号線)について「国立市側は殆ど買収が進んでいない」と書かれますとあたかも国立市内の用地が未買収であるかのようですが、この道路は国立市内では駅北口から伸びるいわゆる「光町通り」のことで、既に国分寺市との境界線まで完成しており、むしろ未整備区間のほとんどは立川・国分寺市内にあり、特に国分寺市内の都市計画道路の状況たるや、新府中街道の中央線オーバークロスが既に完成しながら未だに通行開始になっていない模様といったところで、そろそろ国立3・4・10号線建設により移転となった家系ラーメンの大和家が2/16に移転先でオープンする件にも言及頂きたいかと…。
【大日建設(株)杉山】
 情報有難うございます。
 「国立側は土地買収が進んでいない」は、誤解を受けそうなので追加修正させて頂きます。なお、殆ど利用することがない店舗には触れない予定です。

投稿: | 2016年2月13日 (土) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63902753

この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水に架かる橋は「百石橋」:

« 国分寺市のロケット模型は400万円 | トップページ | 甘い「京都の夜」はハニートラップ? »