« 甘い「京都の夜」はハニートラップ? | トップページ | 「坂東武士」は高句麗軍の末裔? »

2016年2月14日 (日)

「この国の形」は独創性に溢れている

 「この国のかたち」は、他国に無いオリジナリティーに溢れていると思っています。 00000f9c31
  かつて、日本は諸外国から「猿真似」と揶揄されても、貪欲なまで知識・文化を取り入れつつ、独創的な技術・文化を生み出し、今日の「日本のかたち」があると思います。
 日本には“守破離”という言葉があります。
 まず徹底的に師の教えを真似る。その上で、師の教えを自分なりに試行錯誤して破る。更に自分のやり方を確立して師の教えから離れることです。
 日本は一時的にマネても完全に離れています。
 昨日13日のNHKスペシャルは、司馬遼太郎の「この国のかたち」第1集“島国”ニッポンの叡智の解くカギは「道なき道」「無思想」、そして14日の第2集「“武士”700年の遺産」とあります。番組の中で、日本人は海の向こうへの好奇心が強い証明として、壱岐に残る「異国崇拝の風習」を紹介していました。この朝鮮半島から文化や技術を取り込み発展してきたと言う考えや演出には、幾ら司馬氏が韓国びいきでも違和感を覚えました。
 確かに、日本は島国で資源が殆ど無い国ですが、日本人は取捨選択と改000000image3_2善の能力に優れ、「このようにすれば使い勝手が良い」、「このように調理すれば美味い」などと改良・改善を重ねて身の丈に合った道具や食べ物、システムを構築した結果が、現在の「日本のかたち」のはずです。舶来は珍しいからと、単にそのまま使うだけでなく、工夫を重ねて独創的なものを開発して来たました。日本には資源がなくても、日本人という貴重な資源があります。
 1~2世紀頃に漢字は中国から論語などの書きものと同時に伝来すると、日本向きに改良されカタカナやひらがなを発明した。
 538年に伝わった仏教は、平安時代の794~1192年当時には、最澄と空海により日本仏教として全国に広まった。
 1543年に種子島に伝わったポルトガルの火縄銃型の鉄砲は、直ぐにも種子島の鍛冶屋でコピー製造され戦場で使用されるようになった。
  1853年、ペリーが率いる黒船が来航すると、それを模写した船大工達は翌年には西洋式軍艦を製造したと言われています。同じく、ペリーが持ってきた蒸気機関車の模型から日本製の蒸気機関車を2年後に製造したそうです。
 その鉄道は1872年10月14日に新橋駅~横浜駅間で正式開業しています。
 この他にも、道路網や港湾の整備、郵便制度、学校の建設のほかに、国産自動車、国産飛行機、ロケット、ロボット等々の開発は言わずと知れたことで、世界広しと言え、このような国はめったに無いはずです。
  今日も、午後9時から第2集「“武士”700年の遺産」を観ようと思いますが、韓国びいきの司馬さんやNHKによる演出を鵜のみにはしないつもりです。

|

« 甘い「京都の夜」はハニートラップ? | トップページ | 「坂東武士」は高句麗軍の末裔? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63949217

この記事へのトラックバック一覧です: 「この国の形」は独創性に溢れている :

« 甘い「京都の夜」はハニートラップ? | トップページ | 「坂東武士」は高句麗軍の末裔? »