« 議員は「出たい人より出したい人」 | トップページ | 蜜柑の女王「はるみ」は美味い »

2016年2月19日 (金)

湯楽の売りは「炭酸泉=心臓の湯」

 数年前に多摩川沿いの清化園プール跡地に日帰り温泉が出来たこと0000000e2_2は知っていましたが、隣接の「スーパーバリュー」で買い物ついでに、国立「湯楽の里」を初めて利用しました。
 ここは「炭酸泉=心臓の湯」が売りと思います。
 「炭酸泉」は正式には「二酸化炭素泉と言われ、CO2が溶け込んだお湯のことです。温泉では、1ℓ当り250ppm以上の炭酸ガスが溶け込んでいると「炭酸泉」と言うそうで、1リットルのお湯に1,000ppm以上だと効果が高く、「湯楽の里」は基準を満たしています。「炭酸泉=心臓の湯」はドイツでは心臓病治療に利用されるほどで、15分以内の入浴が効果的と注意書きもありました。入ると直ぐにも気泡が身体中に付着し、炭酸ガスが身体の中に浸み込んでいる感触です。
 「CO2」は、地球温暖化の原因とされるなどイメージが悪いのですが、実は、喘息や過呼吸治療で知られるロシアの生理学者コンスタンチン・パヴロヴィチ・ビューテイコ(1923-2003)博士は二酸化炭素の重要性について、 「生命の理論、利益において、とりわけ二酸化炭素は地球上のあらゆる生命の基本的な栄養である。もし、それが消えてしまったら・・・、地球上で生存できる生命はいなくなるであろう。それは組織の内部環境を維持し、組織におけるすべての機能を調整する役割を果たす。それは、まさにビタミンの中のビタミンである。」と述べています。
 また、「CO2が十分でない状態では酸素をいくら取り込んでも無駄で、しかもCO2不足だけでなく酸素不足にも陥ってしまうのです。酸素不足になると身体は血管を収縮させ、何とか血液を流して細胞を救おうとします。高血圧も結局はCO2不足からくる深呼吸病の一種で、言うなれば身体の自然な反応であ00003200_るということです。」と紹介するサイトもあり、人間の身体にはCO2が大切なことを始めて知りました。それでは、家庭の風呂で出来ないかと探しますと、「炭酸くん」という炭酸ガスを発生させる機械を販売していましたが、30万円ではまだ高価と思います。また、高価な機械や入浴剤を使わなくても、「重曹 大さじ2杯」、「クエン酸 大さじ1杯」、「粗塩 大さじ2杯」を混ぜるだけで炭酸風呂を作ることができるそうですので試してみようと思います。
■「湯楽の里 」〒186-0011 東京都国立市谷保3143-1 ☎042-580-1726

0000000e220

|

« 議員は「出たい人より出したい人」 | トップページ | 蜜柑の女王「はるみ」は美味い »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

10、初めて知ったこと。」カテゴリの記事

コメント

社長さんでも僕らでも、お風呂入るときゃ皆裸といったところで、そろそろスポーツガーデンに入浴施設が作られなかったのは地元の銭湯を守るためとその銭湯の背景絵師についても言及頂きたいかと…。
【大日建設(株)杉山】
 利用したことは有りませんが「クニタチスポーツガーデン」は、都市計画道路3・4・10号線開通の為に、国立駅東側ガード下の南側から国立市東2丁目9に移転しています。建物内にサウナは造ったのですが、風呂を設置しなかった理由に近所に「鳩の湯」があるからと言われています。一見、美談のように聞こえますが、果たして、運動後にいくら近所でも「鳩の湯」を利用するでしょうか。これは、表面は人のためにするように見せかけて、実は自分の利益を図る「御為ごかし」もいいとこでしょう。「クニタチスポーツガーデン」にはサウナやシャワーはあるし、第一客層も違うはずです。尤も、スポーツジムで運動をしなくても、風呂を利用する目的だけで会員になる人もいるようですが・・・・・
※国立市の話題「最後の銭湯絵師」
http://dainichi-k.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/https.html

投稿: | 2016年2月19日 (金) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/64033349

この記事へのトラックバック一覧です: 湯楽の売りは「炭酸泉=心臓の湯」:

« 議員は「出たい人より出したい人」 | トップページ | 蜜柑の女王「はるみ」は美味い »