« バスに最新の安全装置搭載義務を | トップページ | 規制緩和しても、安全を緩和するな »

2016年1月22日 (金)

永田町は陰謀・謀略が渦巻く伏魔殿?

 永田町は、見かけとは裏腹に陰謀・謀略が渦巻く「伏魔殿」と言われています。
 TPP担当大臣として注目されていた甘利明大臣が、政治資金規正法とあっ000000b0301101_1965358せん利得処罰法違反の疑いがあることが、週刊文春の取材で表面化し、国会を揺るがせています。
 ただ、理解できないのは、贈収賄事件は贈った側も当然罪となるのに、千葉県白井市内の某建設会社の総務担当が、写真や録音などで状況を詳細に文春に売ったこと。普通の感覚なら、そんな馬鹿なことはやらないだろうと見るはず・・・・よって、どうみても甘利大臣の失脚や安倍政権を狙って嵌められた疑いも残ります。
   果たして、嵌めたのは何処かの政党か、それともTPP反対団体の工作か・・・・・

00000b8jx5ri

■衝撃告発「私は甘利大臣に賄賂を渡した!」

週刊文春 1月20日(水)16時1分配信
 甘利明TPP担当大臣(66)と公設秘書に、政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いがあることが週刊文春の取材でわかった。千葉県内の建設会社の総務担当者が週刊文春の取材に応じ、メモや録音を基に金銭の授受を証言した。
 この男性によれば、独立行政法人都市再生機構(UR)が行っている道路建設の補償を巡り、甘利事務所に口利きを依頼。過去3年にわたり、甘利大臣や地元の大和事務所所長・清島健一氏(公設第一秘書)や鈴木陵允政策秘書に資金提供や接待を続け、総額は証拠が残るものだけで1200万円に上るという。
 2013年11月14日には、大臣室で甘利大臣に面会。桐の箱に入ったとらやの羊羹と一緒に、封筒に入れた現金50万円を「これはお礼です」と渡したという。
 面会をセットした清島所長は、週刊文春の取材に「献金という形で持ってきたのではないですか」と回答した。ただ、甘利氏の政治資金収支報告書に記載はない。
 元東京地検特捜部検事で弁護士の郷原信郎氏は、一連の金銭授受は政治資金規正法違反、あっせん利得処罰法違反の疑いがあると指摘した。
 TPPが国会承認を控える中、甘利大臣の適格性を問う声が上がりそうだ。
<週刊文春2016年1月28日号『スクープ速報』より>

|

« バスに最新の安全装置搭載義務を | トップページ | 規制緩和しても、安全を緩和するな »

コメント

甘利大臣の胸中察するに余りある。

投稿: | 2016年1月22日 (金) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63581778

この記事へのトラックバック一覧です: 永田町は陰謀・謀略が渦巻く伏魔殿?:

« バスに最新の安全装置搭載義務を | トップページ | 規制緩和しても、安全を緩和するな »