« 甘利大臣はワナを仕掛けられた? | トップページ | ハメられても犯罪は成立する? »

2016年1月26日 (火)

フォード・モーター日本撤退に想う

  米自動車大手のフォード・モーターが、日本でのシェアは1.5%と低迷が続いているため、全ての事業を年内に撤退する方針だそうです。これは00000002f3、日本で英語やキリスト教が広まらないことと酷似していると思います。
 キリスト教の日本での布教は、約500年前でフランシスコ・ザビエルが初めてと言われますが、先祖崇拝の日本では、「キリスト教徒になって自分が救われても、先祖が救われないのでは意味がない」と言われ、日本人の知的レベルに驚き、ザビエルも布教の壁を感じたそうです。
 特に敗戦後は、GHQの日本弱体化計画の一環として「日本の神道を解体しキリスト教国化せよ」と大号令され、多くの宣教師来日やキリスト教系の学校も多く建てられ布教に力を入れたそうですが、なのに、今でも日本人のキリスト教徒は総人口の僅か1%000bunka001のようです。クリスマスや聖バレンタインデー、ハローウィンなどで大騒ぎする多さから見ると実に少ない数字です。
 この数字は英語の普及と酷似すると言われ、日本人で英語を操れる人は1%以下のようです。理由は、日本人は日常的に「英語を使う必要が無い」からであり、更に日本語は語彙が豊かで、難しい学術用語や専門用語でも殆どが日本語に訳することが出来るからとも言われています。
  つまり、理由はいろいろでしょうが、日本人は実に本物を見抜く目利きが多く、いい物、必要な物を見極める取捨選択の能力が優れていることの証と思っています。何もフォードやキリスト教、英語が劣っていると言うのではなく、日本ではそれほど必要ないのです。そう言いきれるほど日本は、長い歴史の中で多様な文化や技術を吸収・融合させて、独自の文化を育み発展しています。相撲・剣道などの武道、歌舞伎、茶道、神社・仏閣、庭園、城郭などの様式美はその代表であり、そんな日本の魅力に魅かれて外国人旅行者が増加しているはずです。

|

« 甘利大臣はワナを仕掛けられた? | トップページ | ハメられても犯罪は成立する? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

キリストの生誕を祝った翌週には神社仏閣に参拝し、教会で結婚式を挙げても死んだ時はお寺に葬られるというのは欧米人からすれば「バーバリアン(野蛮人)」だそうですが、宗教が違うという理由だけで憎しみ殺し合う方がよっぽど野蛮だと思いますし、日本にいれば特定の宗教の信仰を強制されることが無いとの主旨のことを確かピーター・フランクル先生が語っていたと思われるところで、そろそろ宜野湾市長選と八王子市長選の結果についても言及頂きたいかと…。

投稿: | 2016年1月26日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63645366

この記事へのトラックバック一覧です: フォード・モーター日本撤退に想う:

« 甘利大臣はワナを仕掛けられた? | トップページ | ハメられても犯罪は成立する? »