« メタンハイドレート実用化を期待 | トップページ | "琴奨菊関"初優勝おめでとう! »

2016年1月24日 (日)

全力を出し切った相撲を期待する

 今場所の琴奨菊関は、「これまで力の出し惜しみしていたのか」と思いたくな000viewような強さを発揮し、10年ぶりの日本人力士の優勝が期待されています。きっと10代や20代の若い人達には、日本人力士の優勝の記憶は薄いはずです。
  調べますと、日本人が最後に優勝したのは2006年初場所で大関・栃東(現玉ノ井親方)まで遡ります。それ以降の優勝は、朝青龍、白鵬、琴欧洲、日馬富士、把瑠都、旭天鵬、鶴竜、照ノ富士と全て外国人力士の優勝です。そして、国技館に掲げられていた歴代優勝力士の肖像画も、既に日本人力士が消えています。寂しいところか情けないことです。
  日本人力士の活躍に水を差すようですが、気になるのは八百長相撲です。
  14日目の、「白鵬×稀勢の里」戦では、白鵬の気を抜いた相撲に八角理事長は「見たことない立ち合いだ」と首をかしげたと言います。
 誰が見ても、気を抜いた相撲では八百長と誤解されても仕方ないはずです。
 それに琴奨菊のかぶり寄りの速さと相手力士の諦めの速さも気になっています。
  幾ら10年間も日本人力士が優勝していないからとか、北の湖理事長から八角理事長に交代したばかりだからとか、日本人の相撲離れを防ぐためなどの理由があっても八百長は絶対にダメです。
 そして今日の千秋楽では、「琴奨菊×豪栄道」戦で琴奨菊が勝てば自動的に初優勝が決まりますが、白鵬や平幕の豊ノ島を含めた優勝決定戦に持ち込まれる可能性もあります。とにかく千秋楽に相応しい、全力を出し切った相撲を期待しています。

|

« メタンハイドレート実用化を期待 | トップページ | "琴奨菊関"初優勝おめでとう! »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63618406

この記事へのトラックバック一覧です: 全力を出し切った相撲を期待する:

« メタンハイドレート実用化を期待 | トップページ | "琴奨菊関"初優勝おめでとう! »