« 「安かろう悪かろう」は覚悟すべき | トップページ | バスに最新の安全装置搭載義務を »

2016年1月20日 (水)

SMAP騒動で見せた芸能界の裏側

 昔から、「興行を打つ」も「博打を打つ」も似たような意味を持ち、0000000007d14演劇・演芸・歌謡・舞踊・演奏などの「興行」は、暴力団にとって唯一の合法的資金源とされ、芸能界と暴力団は強い絆が常識です。
 さて、SMAPの解散騒動は育ての親であるマネジャーの飯島三智氏に対し、ジャニーズ一家の理不尽なイジメが事情のようですが、事態は飯島マネジャー追放で収まりつつありそうです。ただこのゴタゴタに、芸能マスコミだけでなく、NHKのニュース報道や安倍首相の国会答弁、都知事までコメントするなど日本中を賑わせています。これを平和ボケ日本の呆れた光景と見ることも出来ますが、昔から芸能界と暴力団は一蓮托生、同じ穴のムジナ(貉)、持ちつ持たれつの運命共同体に近い存在と言われ、裏で動く人達を知れば理解出来るはずです。
 今回のSMAP解散騒動を丸く収めたのは、芸能会の親分衆でしょう。
 この芸能界の親分衆から見ればSMAPメンバーなど多少稼ぎがいい商品の一つ程度で、一喜一憂するほどのことはないのですが、世間が騒ぎ過ぎたので手打ちを早めたはずです。尤も、真相は商品のSMAPは知っていても語ることはないし、マスコミも芸能プロ関係者に記者会見を開くなどして追及しないし、更に、政治家や芸能評論家達も今後の仕事に影響することから遠慮がちで真相に迫ることはないでしょう。
 ツアーバスの事故やダイコーの廃棄カツ転売などと比較すると取材の突っ込みも雲泥の差ですが、芸能プロダクションには監督官庁がないため、多少のことがあっても野放しどころか、まるで腫れ物に触るような扱いです。
 従って、無念であろうと思うのはパワハラされて、「トカゲの尻尾切り」の如く破門されたマネジャーの飯島三智氏と、丁半博打のサイコロか女郎の引き抜きのごとく振り回されているSMAPです。そして、今回は一見丸く収まったように見えても、有能なマネージャーを失ったSMAPもシコリとイメージダウンが残り、仕事は半減し、徐々に居ずらい環境が作られてしまうのか・・・・・・【Vlog】ジャニーズ事務所の「タコ部屋」構造 https://youtu.be/TjpDgX0rw_A
<動画>Image4
田辺昭知氏(田辺エージェンシー社長)
・岩崎純氏(自民党石原伸晃氏の秘書会長)
・小林正彦氏(石原プロモーション取締役専務)

・ジャニー喜多川氏(ジャニーズ事務所社長)
・林端峰氏(社団法人外国映画輸入配給協会理事)
・小野英雄氏
  (オーエンタープライズ社長、元スパイダースマネージャー)
・菅原潤一氏(ぐあんばーる社長、田辺エージェンシー系)
・皇達也氏(JCC社長、元・テレビ朝日プロデューサー)
・皇経子氏(皇達也の妻)    
・天矢有信氏
 (電通キャスティングエンターテインメント代表取締役)
・西河喜美子氏(テレ朝プロデューサー)

 尚、この動画には続きがあって、そこには血判状を交わすなど、暴力団の儀式と全く同じ場面があるそうです。 Image2

これが現実の芸能界の姿です https://youtu.be/ILH4sV0Ltek   

ジャニー喜多川
 本名=喜多川擴(きたがわひろむ 昭和6(1931)年10月23日~
  日本の実業家・芸能プロモーターで、ジャニーズ事務所の社長。ロサンゼルス生まれで日系二世。日本に帰化。B0033699_2314167
田邊昭知
 (田辺 昭知、本名:たなべしょうち 、1938年11月15日 - )は、日本の芸能プロモーター・放送作家、元音楽家・俳優。田辺エージェンシー代表取締役社長。
  元、ザ・スパイダースのリーダー

|

« 「安かろう悪かろう」は覚悟すべき | トップページ | バスに最新の安全装置搭載義務を »

05、気になった事件や事故など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63543998

この記事へのトラックバック一覧です: SMAP騒動で見せた芸能界の裏側:

« 「安かろう悪かろう」は覚悟すべき | トップページ | バスに最新の安全装置搭載義務を »