« 強すぎる?暴力団・永富直也容疑者 | トップページ | 「日本は天国」バイマーヤンジンさん »

2016年1月30日 (土)

三歳児は「見るに値しないもの」を見た

 暴力団員・永富直也は、「俺にガンつけてきた」からと三歳児の礼人ちゃんを1時間半もイタブリ虐殺したという。あどけない三歳児が「短い人生の最後に、目2016130_image0036はどんな光景を見たのだろう」かと、読売新聞は「編集手帳」で吉野弘さんの「眼・空・恋」を引用し、罪に見合う罰は「二文字」しか思いつかないと非難しています。
  吉野弘さんは山形県酒田市出身ですが、晩年は静岡県富士市に住まわれ2014年同市で逝去、87歳でした。代表作の「祝婚歌」は結婚式などで朗読されることがあり幾度か耳にしています。吉野さんは、凡人は見過ごしてしまいそうな、何気ない心の動きや情景を温かい目線で「詩」として多く遺し、年代を問わず支持されていると思います。
  そして、「編集手帳」は、『見るに値するものがあったから…』と言われますが、三歳児には「見るに値するものがこの世にあったのだ000000cce8ろうか」と嘆いています。
 同感です。
 三歳児の礼人ちゃんは、「見るに値しないもの」、人間の姿をしたケダモノを最期に見てしまったことだけは確かです。

眼・空・恋 吉野弘
私は断言する
見るに値するものがあったからImage2
眼が出来たのだと
 ぼんやり感受した明るい空を
 はっきり見ようとして
 皮膚の一ところが次第に透明な水晶体へと
 変わってゆくさまを 私は思い描く
今一つ 私は断言する
美しいものは
眼の愛に射られて
より美しくなってゆくと
 恋人を美しく彫り上げた眼を
 君が持っているなら
 私の断言を容れるだろう

|

« 強すぎる?暴力団・永富直也容疑者 | トップページ | 「日本は天国」バイマーヤンジンさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63706803

この記事へのトラックバック一覧です: 三歳児は「見るに値しないもの」を見た:

« 強すぎる?暴力団・永富直也容疑者 | トップページ | 「日本は天国」バイマーヤンジンさん »