« SMAP騒動で見せた芸能界の裏側 | トップページ | 永田町は陰謀・謀略が渦巻く伏魔殿? »

2016年1月21日 (木)

バスに最新の安全装置搭載義務を

  お客を乗せて走るバスは、絶対に「事故を起こさない」決意が前提条件と思います。
 何故なら、観光バスは幼・小・中・高の遠足や修学旅行、社内旅000_8502行、老人会の団体旅行等々、あらゆる年代の旅の思い出づくりとして支持され利用されているからです。
 軽井沢のスキーツアーバス事故で、現場から約1キロ手前と、約250メートル手前の定点カメラの映像を公開しました。約250メートル手前のカメラではバスの動きの異常から、ブレーキ故障の「フェード現象」か「ベーパーロック現象」或いは「エアブレーキのエア抜け」の可能性があるとの報道です。いずれ、ドライブレコーダーや運行記録計などの記録から原因が究明されることでしょう。
  我が社の近所にも、貸切バス約15台を保有する観光バス会社がありますが、昨年秋、 最新の安全装置を搭載した新車と数台入れ替000101300x237えたと社長さんが話していました。
 最新のバスには、車線維持や速度調整、運転手に万が一の事態にバスを自動で安全に停止させるなどのため、「MDAS(運転注意力モニター)」、「ディスタンスウォーニング(車間距離警報装置)」、「AMB(衝突被害軽減ブレーキ)」、「サイドビューカメラ(側面の視界を補い安全性確保)」、「バックソナー(後退時に人・物を感
知し警告)」などの先進技術が搭載されており、これが付いていないとお客さんに自信を持ってPR出来ないと語っていました。0000000bus
  ただ難点は、大型観光バスは一台3000万~4000万円もするので、15台一斉の入れ替えは難しいとのこと。徐々に、全ての観光バスを最新の安全装置を搭載した新車する計画と語っていましたが、きっと今回の事故で計画を早めるはずです。なお、乗用車クラスでは、スバルが開発した運転支援システム「アイサイトver.3」が最も進んでいると聞きますが、安全の為には垣根を越えて技術協000_subaru01力し発展させることは出来ないものでしょうか。
 外国人観光客が益々増加している折り、治安や交通の安全を高めることは、日本に対する評価が同時に高まることになり、事故が多発すれば当然逆となります。

|

« SMAP騒動で見せた芸能界の裏側 | トップページ | 永田町は陰謀・謀略が渦巻く伏魔殿? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63567391

この記事へのトラックバック一覧です: バスに最新の安全装置搭載義務を:

« SMAP騒動で見せた芸能界の裏側 | トップページ | 永田町は陰謀・謀略が渦巻く伏魔殿? »