« 読売新聞「気流」の賛成と反対意見 | トップページ | 当社の改築現場も足場が外れました »

2015年12月23日 (水)

建築の最初の儀式は「地鎮祭」

 先般、都内某所で執り行いました地鎮祭のことを遅ればせながらご報告致します。
 最近ではあまり見掛けなくなりましたが、住宅建築のImage00321_2最初の儀式と言われます地鎮祭をお客様の希望もあり執り行いました。秋深しと言えど暑い日でした。神主様も烏帽子をはじめ厳かな身支度のため汗を吹き拭きでした。我々も見慣れているとは言え神主様の古式豊かな厳粛な出で立ちを拝しますと身の引き締まりを覚えるものです。
 そもそも、「地鎮祭」とは当該地の清めと鎮め、これらを妨害する好ましくない居ついた神々(貧乏神等)をお清めにより退散を願い、お供物お神酒により恵比寿大黒等萬(よろず)の神のご加護を頂き、今後、風水害等災害に住まいがめげる事無く住まう方の健康と益々の繁栄を、また工事に携わる衆の安全、目的のお住まいが恙無く(つつがなく)無事完結を祈願するものです。我々建築に身を置く者としては、末永くこの儀式が廃れる事無く受け継ぎたいものです。
 地鎮祭に用意する物もいろいろですが、あくまで参考掲載致します。
青竹~祭壇の四方に立てる青竹 4本(当然枝葉付き)
 ~ 約20キロ 大バケツ2杯 鍬入れの儀に使用
お神酒~清酒1~2本
お供物海の物~尾頭付お魚(鯛等 昆布 スルメ)
        山の物~りんご 大根 人参 小松菜等 (これらに限らず)
        ※上記のほかに、お米、お塩  各お椀に軽く2杯ほど
作法具~鍬、鎌、スコップ、しめ縄 (儀式用の具有り)
        (三方(三宝)等は施工建設会社が用意してくれます。)
その他~足元用の敷物、時間を要しますので高齢者、妊婦様等用に椅子など
        雨天用テント、陽射し除け等が有れば便利です(建築会社に相談を)
ご祝儀~神主様 出席された工事担当関係者(設計者、監督、基礎、大工等)
         ※金額は地域により差異がありますので記しません。
 又、玉串等の儀式進行に必要なものは神主様が用意してくれます。
 これらの中で竹の用意が一番大変です。Dainichi_kk
 理由は、孟宗竹は比較的近郊でも入手し易いのですが、真竹は数少なく且つ前もって用意することも出来ません。竹は切断すると水の中に浸けても全く吸い上げませんので、我社では当日の朝に切り取っています。それでも夏の暑い日やトラックの荷台で風に当てると現場に付く頃には葉が縮み掛けています。近時、竹に似せたプラスチック製品も有りますが何となく味気無いので、当社では敷地の片隅で真竹養殖?(右写真)しております。再度になりますが慣行、地方により進行、お供物等はいろいろですから、ご参考程度にして戴きたく思います。

Scan10003

|

« 読売新聞「気流」の賛成と反対意見 | トップページ | 当社の改築現場も足場が外れました »

02、業界の大したことない話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63107295

この記事へのトラックバック一覧です: 建築の最初の儀式は「地鎮祭」:

« 読売新聞「気流」の賛成と反対意見 | トップページ | 当社の改築現場も足場が外れました »