« 建築の最初の儀式は「地鎮祭」 | トップページ | 国立「マンション建設訴訟」に想う »

2015年12月24日 (木)

当社の改築現場も足場が外れました

 我が社の改築現場も、ようやく足場が外れましたのでお知らせ致します。
  どうしてもお客様の建築現場が最優先となり、自社のことは後回しになる傾向がありますので、進捗は伸び伸びになってしまうものです。今年春に基礎工事に着工しまして年末になって、ようやく外壁工事も終了し足場を外したところ、下の写真のとおり外観が見えてスッキリしました。これから内装工事に着手です。
 訪問されるお客様には、隣接する自宅の狭い仮事務所で応接しておりまして、ご迷惑をお掛けしておりますが、来年2月初めには引っ越しが出来るものと計画はしております。よく「大工の掘っ立て小屋」、「左官の荒壁」などと自虐的に言われますが、全くその通りと自覚しています。
 他の職業を引き合いに出して申し訳ありませんが、
 「医者の不養生」、Dainichi2_8_10
 「医者の若死に」、
 「易者身の上知らず」、
 「人相見の我が身知らず」、
 「学者の不身持ち」、
 「紺屋の白袴」、
 「坊主の不信心」、
 「儒者の不身持ち」、
 「陰陽師身の上知らず」、
 「出家の地獄」、
 「髪結いの乱れ髪」、
 「駕籠舁き駕籠に乗らず」などは、その同類語でしょう。
  また、自分のことは見えないことを「灯台下暗し」とも言い、身近な事はかえって気付かず見落としがちなことのたとえでしょう。
  ※ 建物の脇には地鎮祭用の真竹を植えております。Dainichi_kk_2

|

« 建築の最初の儀式は「地鎮祭」 | トップページ | 国立「マンション建設訴訟」に想う »

07、我が社の関連情報」カテゴリの記事

コメント

御社屋完成間近ということで楽しみにしておりますが、そろそろ国立マンション訴訟高裁判決にも言及いただきたいかと…。

投稿: | 2015年12月24日 (木) 08時20分

12/24(木)に立川駅周辺を散策してきました。
「立川市子ども未来センター」の広場にある2本のツリーがイルミネーションでライトアップされていて綺麗でした。
その後、「JRAウインズB館」で4木(よんもく)という無料のコンサートイベントを鑑賞。「千葉啓介」というピアニストの演奏が見れました。井の頭公園で路上ライブをやっている方らしいですが、なかなか良い演奏が聴けて満足です。
昭和記念公園での花火も綺麗でした。やっぱり立川駅周辺は活気がありますね。

ダイヤモンド富士は昭和記念公園から見るのが最適みたいです。年末年始の寒い日に行ってみてはいかがでしょうか?
http://yamao.lolipop.jp/daiya/11/12/showa.htm
http://www.showakinen-koen.jp/information/httpwww-showakinen-koen-jpp3903/
http://www.showakinen-koen.jp/wp-content/uploads/fujiMAP.pdf

投稿: トリックスター | 2015年12月26日 (土) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/63111026

この記事へのトラックバック一覧です: 当社の改築現場も足場が外れました:

« 建築の最初の儀式は「地鎮祭」 | トップページ | 国立「マンション建設訴訟」に想う »