« 難民受入れ「言うは易く行うは難し」 | トップページ | 京都の「血天井」で戦国の世を想う »

2015年11月17日 (火)

「恵那雑巾」は絞られて役立つ

  今日11月17日の読売新聞の地名の知」に岐阜県恵那辺りの話題が掲載してあり、30年以上前に知った恵那出身の若手営業マンを思い出しました。信頼できる物腰で数年交流が続いたのですが、何かの折りに「恵那雑巾Imageですから」と謙遜されたことがありました。「恵那雑巾」に知識がなかったので質問しますと「要領の悪い恵那出身者を言うんです」と教えられたのです。
 それでも納得出来なかったので、図書館で調べますと、「恵那雑巾」の由来は、明治41年編制された岐阜県岐阜市にあった帝国陸軍68連隊(「幸」3704部隊)(通称ロッパチ)の軍隊生活から生まれた。兵隊達は、掃除の時間になると要領のいい兵隊は楽に掃除のできるほうき等の用具を競って持ったという。しかし要領の悪い恵那出身の兵隊達は、いつも最後に残った雑巾を持つことが多かった。ここから、「雑巾がけを002011_1するのは恵那人」となったとされたが、愚直な姿勢は徐々に周囲に認められる存在になったとありました。
 この岐阜県恵那の所在地は、美濃国恵那郡と呼ばれた地域で、現在の長野県木曽郡全域も含まれたそうです。そして現在の恵那は、2005年中津川市に山口村と恵那郡を編入合併したと、読売新聞の地名の知」に掲載してあります。
  30年以上前知り合った恵那出身の営業マンは、数年で本社勤務となったと後任の方から聞いています。きっと、トントン拍子に偉くなったはずと期待しています。
 この「恵那雑巾の精神」を知って以来、自分自身にも「雑巾のように絞られて役に立つ」と言い聞かせているつもりですが、まだまだ不足と自覚しています。
 それから、恵那の辺りにリニアの駅が出来る計画があると新聞記事にありました。
 便利になって発展したからと言って、古き良き時代を語り継ぐ「恵那雑巾」の精神を失わせて欲しくないものです。0000101Shigaichchoukei

|

« 難民受入れ「言うは易く行うは難し」 | トップページ | 京都の「血天井」で戦国の世を想う »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

相模原市に出来るリニアの新駅は橋本が最有力みたいです。
橋本は知名度が低いので新相模原という駅名になるかも知れないです(新横浜みたいに)。
中央線(立川)から横浜線(片倉方面)に乗り入れ可能になれば、八王子を経由しなくて済むので時間短縮になります。
八王子方面への本数が減るのが難点ですがリニアへのアクセスが便利になるのは魅力的ですね。
http://ezhcom.blog.jp/archives/31784810.html

投稿: トリックスター | 2015年11月26日 (木) 02時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/62546665

この記事へのトラックバック一覧です: 「恵那雑巾」は絞られて役立つ:

« 難民受入れ「言うは易く行うは難し」 | トップページ | 京都の「血天井」で戦国の世を想う »