« 「いちえふ」は福島第一原発のこと | トップページ | 韓国への情けは周り回って恨まれる »

2015年11月 2日 (月)

警視庁銃器対策部隊「ERT」の紹介

 警視庁は江東区木場の「警視庁術科センター」で、警視庁機動隊の中から選抜された銃器対策部隊の実弾射撃訓練を初めて公開するとともに、緊急時対応部隊ERT」(エマージェンシー・­レスポンス・チーム)の存在を明らかにしました。

Image2_2
 緊急時対応部隊「ERT」は、テロなどの緊急事態に現場に最­初に投入される部隊で、今年4月、警視庁が独自に発足させて運用を開始しているそうです。
 この訓練は2016年5月の第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)を控え行われたもので、「ERT」の隊員ら約60人が参加しました。なお、「ERT」が使用している銃は、特殊戦術用火器として有名な機関拳銃「MP5サブマシンガン」で、特殊急襲部隊(SAT)が使用する銃と同じものだそうです。
サミットに向け警視庁が射撃訓練を公開
  2015/09/24 に公開   https://youtu.be/INjzmHi6xnM
  警視庁、初の実弾射撃訓練公開=サブマシンガン連射で犯人制圧  

|

« 「いちえふ」は福島第一原発のこと | トップページ | 韓国への情けは周り回って恨まれる »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/62331100

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁銃器対策部隊「ERT」の紹介:

« 「いちえふ」は福島第一原発のこと | トップページ | 韓国への情けは周り回って恨まれる »