« 超大型店舗の進出を恐れる大型店舗 | トップページ | 流行り廃りは世の習いと言いますが »

2015年11月28日 (土)

海の忍者「潜水艦」技術移転を憂慮

 海の忍者と呼ばれる「潜水艦」の性能差は、現代の海戦においては勝0000096fa188負を分けると言われています。その世界最高と評される日本の潜水艦技術が海外に移転されることを憂慮しています。
 かつて、JR東日本による中国への新幹線技術の売り込みに反対していた現JR東海会長の葛西敬之は「中国に新幹線のような最先端技術を売ることは国を売るようなものだ」と反対していました。
 今度は、防衛省がオーストラリア海軍の次期潜水艦の選定に、そうりゅう型潜水艦の全製造行程をオーストラリア国内の造船所で建造する用意があることを発表、同時に、潜水艦製造のために豪州の技術者数百人を訓練し、技術移転する計画を公表しています。
 運動性能が高いX舵を持つそうりゅう型潜水艦は、潜水艦の命である000000a68e粛性や潜水能力も世界トップレベルにあると評価され、世界中のスパイに狙われている最高機密技術に間違いありません。しかし、この技術移転により数兆円のビジネスチャンスが派生するといわれ、更に、オーストラリアとの安全保障を連携強化という効果もあるわけで、日本にとっては痛しかゆしの現状でしょう。
 オーストラリアの潜水艦製造には、日本の他にフランス・ドイツも名乗りを上げていますので、どうせなら日本を選んで欲しいと思うものの、新幹線「はやて」の技術が中国に簡単に盗用された例からも、オーストラリア側から他国への情報漏えいの心配も常にあります。今回の防衛省の判断が、将来「国を売るようなもの」と言われないように細心の配慮を・・・・・・特に、日本に送り込まれる豪州の技術者数百人の中に、何処かの国の息のかかった人物が紛れ込む心配があります。
■【海上自衛隊】日本のそうりゅう型潜水艦!実力,性能,画像?

|

« 超大型店舗の進出を恐れる大型店舗 | トップページ | 流行り廃りは世の習いと言いますが »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/62715895

この記事へのトラックバック一覧です: 海の忍者「潜水艦」技術移転を憂慮:

« 超大型店舗の進出を恐れる大型店舗 | トップページ | 流行り廃りは世の習いと言いますが »