« 韓国への情けは周り回って恨まれる | トップページ | 理容「スカッシュ」開店のお知らせ »

2015年11月 4日 (水)

国立市誕生条件は団地誘致だった。

 国立市に縁ができたのは昭和43年からですから、短いとも言えない年数となりました。当時、良く利用した駅は、中央線・国立駅や南武線・西国立駅でしたが、まだまだノンビリしたものでした。南武線沿いには真新しい富士見台団地が建てられていまして、当時としては近代的団地として紹介されていたことも記憶しています。000215

 この団地も50年経過し「街歩き散歩」を企画したと、11月3Image5_2日付けの読売新聞にありました。昭和30年代、国立町が富士見台団地を誘致することは、国立町が国立市に格上げされる条件を得るためと聞いたことがあります。昭和30年代後半の国立の人口は4万人近くになっていましたが、市に格上げされる条件の5万人にはマダマダでした。
 そこで、国立町議会は団地誘致の反対の声や、環境破壊などの弊害を予測しつつも、誘致を決定したようです。そして、40年(1965年)、総面積28万坪に及ぶ土地区画整理事業によって、公団の富士見台団地が完成し、人口も一躍5万人を突破して「国立市」が誕生したそうです。
 果たして、当時を知る方々は、団地を誘致したことを良かったと見ているのか、失敗と思っているのかは知りません。いずれ建て替えの時期も到来するでしょうが、どのような意見が交わされるのか楽しみなことです。
 
2015113image4Image0010
国立の変遷
明治22(1889)年 谷保村、青柳村、石田村が合併し、谷保村となる
明治27(1894)年 神奈川県から東京府へ移管
大正15(1926)年4月 国立駅開業
昭和 2(1927)年 東京商科大学(今の一橋大学)神田より移転
昭和23(1948)年 境界変更 谷保村から羽衣を立川に編入
昭和26(1951)年 町制施行され、谷保村から国立町と改称
昭和27(1952)年 文教地区指定
昭和29(1954)年 境界変更 府中市の一部
昭和31(1956)年 境界変更 国分寺市の一部
昭和42(1967)年 市制施行

|

« 韓国への情けは周り回って恨まれる | トップページ | 理容「スカッシュ」開店のお知らせ »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/62341831

この記事へのトラックバック一覧です: 国立市誕生条件は団地誘致だった。:

« 韓国への情けは周り回って恨まれる | トップページ | 理容「スカッシュ」開店のお知らせ »