« VWは不正を三回も警告受けていた | トップページ | 一度の人生なら、笑って暮らそう »

2015年10月 4日 (日)

マイナンバー制度で税収大幅アップ?

 10年以上前ですが、JRの関係者が「SuicaやPASMOの導入で、キセルなどの不正乗車を防止できた分だけ営業収益が大幅アップした。」と語っていました。きっと、000mn03タッチ&ゴーの自動改札は客も便利だし、経営側も運賃を殆ど把握できるので収益につながったのでしょう。
  さて、マイナンバーがいよいよ明日にも番号が決定します。この制度の狙いは、法人・個人の収入を全て把握して、税収をアップすることが目的と言われていますので、公共交通機関のSuicaやPASMOの導入と似た効果があると期待しています。この制度は、キチンと納税している人にはメリットが大きいのですが、これまで脱税や不正受給に神経を使ってきた人や法人には手ごわいはずです。いずれにしても、正々堂々と生活している人には歓迎されるでしょう。
マイナンバーのメリット
1. 事務手続きの簡素化 2. 扶養控除・配偶者控除の適正化 3. 生活保護の適正
マイナンバーのデメリット
1. なりすましによる不正利用 2. 政府による監視 3. 国内財産が正確に把握
などが指摘されています。
 個人的には、脱税と生活保護費の不正受給防止を期待しています。
 生活保護不正の手口は収入があるのに隠して受給したり、住居を転々して生活保護をダブって申請する実態を聞きますので、重複受給を絶滅できるはずです。
  また、将来的には、電気・ガス・水道などとの連携や、マイナンバーだけで住所変更、更には金融機関、保険料の納付や納税、株式の配当や売却益の納税手続き、パスポートの取得、健康保険証としても使えるようにすることも検討されるはずです。
 勿論ですが、「マイナンバー」はSuicaやPASMO以上に遺失や偽造、番号の管理に配慮が必要なことは当然のことです。

|

« VWは不正を三回も警告受けていた | トップページ | 一度の人生なら、笑って暮らそう »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/61892880

この記事へのトラックバック一覧です: マイナンバー制度で税収大幅アップ?:

« VWは不正を三回も警告受けていた | トップページ | 一度の人生なら、笑って暮らそう »