« マチュピチュに日本人の偉大な足跡 | トップページ | 南沙諸島埋立てを凍結出来るか »

2015年10月28日 (水)

中国共産党独裁終わりの始まりか

 どんな相手でも「話せば分かる」と信じ、全てに日和見で優柔不断と言われるオImage2バマ大統領がついに決断しました。いや、あのオバマ大統領でも中国には堪忍袋の緒が切れたのでしょう。
 スプラトリー諸島で、中国が造成した人工島から12カイリ内を、横須賀母港の米海軍イージス駆逐艦「ラッセン」と対潜哨戒機「P-8A ポセイドン」が巡視活動を行いました。これ以上の中国の南シナ海支配を抑えるための活動で、「航行の自由作戦」と呼ぶそうです。これは、「南シナ海は固有の領土」と主張する中国と、公海はTPPなど自由な経済活動を行うには「自由な航行を保証すべき」と主張するアメリカの立場Image4_2とは真っ向対立するわけで両国は引くにひけない現状です。 折から、中国共産党の中央委員会第5回総会が26~29日まで北京で開催中で、情報が入ると会議は休会し、急きょ開いた中央国家安全委員会では、「米国を懲らしめるべき」、「挑発程度に応じ報復する」などの強硬意見も出たそうですが、結局、中国は「監視、追尾、警告」程度にとどめ事態のエスカレートを避けた模様です。
  いずれにしても習近平主席は、先の米国訪問では軽くあしらわれ、英国訪問でもチャールズ英皇太子に公式晩餐会を欠席され冷遇、そして今回の「巡視活動」にも何も出来ないことでメンツ丸潰れです。
 これでは、中国共産党や中国人民解放軍にそっぽを向かれ、指導力低下は必至でしょう。独裁者の最後は軍隊から信頼を失うときと言われています。だからと言って、今、米海軍に軍事的に対抗したなら、空母「遼寧」に代表される「張子の虎」の中国海軍では、半日も持たない実力と言われているのです。今回は、軽くジャブをかました程度ですが、米軍の巡視活動は当分継続されるようであり、そのたびに情けない中国の対応が見られるとともに、習近平国家主席の指導力が問われることでしょう。
 果たして中国は、軍事基地の建設は「続けるのか」「止めるのか」「凍結するのか」Image3

20151028image3

|

« マチュピチュに日本人の偉大な足跡 | トップページ | 南沙諸島埋立てを凍結出来るか »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/62250072

この記事へのトラックバック一覧です: 中国共産党独裁終わりの始まりか :

« マチュピチュに日本人の偉大な足跡 | トップページ | 南沙諸島埋立てを凍結出来るか »