« まもなく近くで道路が二本開通します | トップページ | マンション傾斜、本当に悪い奴は? »

2015年10月24日 (土)

我が社の「基礎工事」は万全です。

 横浜の欠陥マンション偽装から建築物の基礎工事の重要性が問われています。
 まず、「関東ローム層」は軟弱地盤らしいとの誤解を解いておきたいと思います。
 関東ローム層は、関東の台地や丘陵に堆積した火山灰質粘土で、柔らかい火山灰のイメージと違って強い地震耐性があり、住宅建築に向いた地盤といえます。
 しかし、関東でも低地で水路や河川、湖沼の近くは軟弱地盤と見られています。 
 さて、「基礎」とは文字通り、「」の(いしずえ)と言われる如く重要です。
 地上の目に見える建物をどんなに豪華にしても、基礎部分を疎かにしたなら、それこそ砂上の楼閣です。逆に、基礎さえシッカリしていれば、その上の建築物は、長年に亘り、風雪や地震などに耐え忍ぶことが期待できます。2
 当社でも建築の出発は必ず地盤調査の作業から入ります。地盤は、どんな目利きでも表土を見ただけでは決して判断は付きません。
 当社の場合は、その下の地質・強度調査はボーリングで掘削し、コアを採取して行っています。また、建築物によっては重心が片寄る場合も有り、特に、その部分の強度を調査する意味からも、掘削によるデータが重要です。その重要なデータを捏造・無視しては論外の話しです。それなのに、横浜市の「欠陥マンション偽装」のような例が発生するのは何故なのでしょうか。1
 考えられることは、
①基礎工事に伴うデータ解析は、専門家以外では理解し難く、仮に説明を受けても分かりずらいこと。
②基礎は土中深くに埋設されるため発見され難いこと。
②仮に、基準を満たさない基礎でも、建物傾斜などの欠陥が発生する迄、相当の年数経過を要するために、その間の地震発生や自然劣化などを傾斜理由とし、工事当時との因果関係を証明し難い点もあること。
 などが考えられます。よって、欠陥基礎や手抜き建築が平然と行われても、之まで、何の不具合も出ず平穏に過ぎ去っている建物も多く有るはずです。我が社が手掛けた建築物も、以前は多くが「布基礎工法」が一般的でしたが、最近では殆どの場合「ベタ基礎」と呼ばれる耐圧基礎工法が主流です。加えて、技術の向上は勿論のこと、鉄筋量、コンクリート量を格段に多くすることで、基礎全体で建物を支持する構造のため、安定性、堅牢性が格段に向上しています。これらの写真は我が社の基礎工事中のものですが、今後も、引き続き信頼される技術を全ての現場で提供する決意でおります。

611

|

« まもなく近くで道路が二本開通します | トップページ | マンション傾斜、本当に悪い奴は? »

02、業界の大したことない話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/62181954

この記事へのトラックバック一覧です: 我が社の「基礎工事」は万全です。:

« まもなく近くで道路が二本開通します | トップページ | マンション傾斜、本当に悪い奴は? »