« 歴史を左右した京都伏見の戦い | トップページ | 壬生や角屋で幕末にタイムスリップ »

2015年10月17日 (土)

昼食は京都マグロ卸直営店・宮武で

 こんな美味しい店が近くにあったなら、毎日でも通ってみたいとImg_4697思った事です。
 京都市の中央卸売市場で、兄と弟が(株)石徳青果部と(株)石徳果物部を経営しており、先日、表敬訪問して来ました。
 昼食は、市場南に近接する歴史ある土地『島原』の一角に位置する「魚河岸・宮武 」に案内されました。この店は2012年10月1日開店で、看板を掲げない「大人の隠れ家」として、また料理を作っているところが目の前に見えるオープンキッチンスタイルの評判の店だそうです。
 「宮武」は、中央卸売市場でマグロ卸業者直営の店であり、市場直送のランチは「日替御膳800円」と、お安い値段で提供していました。この日の「日替御膳」は「づけ丼」が中心でしたが、今まで食べたことがないほどの味付けを堪能させて頂きました。きっと、東京では2000円くらいの0000101値段を付けるはずです。魚河岸「宮武」 は、食べログで4.5の高い評価を受けているとおりの期待を裏切らない店です。夜は居酒屋に変身して開業するそうですが、つくづく兄弟らを羨ましく思ったことでした。
 所在地は、
 京都府京都市下京区西新屋敷下之町6-5
 アンクル島原 1F http://uogashi-miyatake.jp/
 ☎075-203-1855
 ランチは予約しておいた方がいいと思います。
 ※店舗前は昼前には、このような行列でした。
Img_4698

|

« 歴史を左右した京都伏見の戦い | トップページ | 壬生や角屋で幕末にタイムスリップ »

09、そうだ、京都に行こう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/62075629

この記事へのトラックバック一覧です: 昼食は京都マグロ卸直営店・宮武で:

« 歴史を左右した京都伏見の戦い | トップページ | 壬生や角屋で幕末にタイムスリップ »