« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

経済と軍事は密接に関係しています

 先般、TPPが大筋合意されましたが、合意されると交渉に参加20151028していなかったアジア諸国は、大慌てで合流の意向を示しているそうです。
 インドネシアが参加の意思を表明したほか、韓国、台湾、タイ、フイリピンなどが次々と参加を打診しています。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、中国包囲網の側面が強く、経済的に中国の影響下の韓国は参加しないと見ていたし、インドネシアは中国の新幹線を採用し中国傾斜の方針と思っていたのですが、最近の中国経済の陰りに敏感に反応したのでしょうか。
 それとも米国からの説得があったのか。
  いや、日本が農業や自動車で妥協してまで参加したことに、日本の技術力や経済効果の期待、そして地理的に近い市場価値を魅力あると踏んだのかも知れません。
  加えて、最近の中国による南沙諸島の人工島周辺で米軍の「航路の自由作戦」や、日本の安全保障関連法成立によって、南シナ海のシーレーン確保の本気度が伝わったのでしょう。
  やはり、経済力、軍事力、外交力は密接です。
 米下院軍事委員会のフォーブス議員(共和党)は、「中国の不安定化行動に対抗する必要な措置で、より早期の実施が必要だった」、「航路の自由作戦」には日本やオーストラリアも加わるべきだと発言しています。日本も、中国による南沙諸島埋め立て問題を座して傍観しているわけにはいかない現状です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年、10大ニュース候補は

 月日の流れは早いもので、今年も残すところ二か月、先日まで暑い暑いと言っていたのに、山際では紅葉もすすみ、東京の朝夕は肌寒い今日この頃です。
 ところで、今年も大きな出来事・事件・災害などが飛び交いました。今日現在も、南シナ海や辺野古問題、マンション傾斜や維新の分裂騒ぎ等々が毎日のニュースを賑わせています。残す二か月、どんな大きな出来事が発生するか予測出来ません。 
 できれば不幸な事件・事故・災害はゼロであって欲しいものです。
■まだ時期的に早そうですが、個人的に今年の重大ニュース候補になりそうな出来事を列挙してみました。今年はTPP、安保法案、マイナンバーなど例年より、節目の年になりそうな出来事が多い印象です。
1.川崎市中1男子殺害事件、被害者少年と交友があった18歳の少年を逮捕、
2.イスラム国によって、湯川遥菜さん、後藤健二さんが殺害
3.北陸新幹線、北海道新幹線の延伸開業
4.全国の寺社仏閣で油を撒かれる事件が連続発生
5.天皇皇后両陛下、パラオを公式訪問
6.統一地方選、道府県議選では自民党が圧勝
7.首相官邸の屋上に小型無人機「ドローン」着陸
8.大阪都構想の住民投票で反対票が過半数を占め大阪市の存続が決定
9.日本年金機構、加入者125万件の個人情報を外部に流出
10.埼玉・熊谷市でペルー人容疑者(30)が6人惨殺
11.改正公職選挙法が成立、来夏の参院選から18歳と19歳が有権者
12.「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録
13.新国立競技場の建設計画について白紙撤回が決定
14.東芝の不正会計問題が発覚、
15.調布市の住宅街に小型機が墜落、男性2人と民家の女性1人が死亡
16.維新の党が分裂、橋下徹大阪市長と松井一郎大阪府知事が離党
17.国内最大の指定暴力団「山口組」が分裂、新団体「神戸山口組」を設立
18.東京五輪の公式エンブレムに盗作疑惑
19.台風18号上陸、栃木県常総市鬼怒川の堤防が決壊
20.福島第一原発のタンクで汚染水漏れが判明
21.安全保障関連法が成立、
22.ノーベル賞に大村智北里大特別栄誉教授、東大宇宙線研究所梶田隆章所長
23.環太平洋経済連携協定(TPP)の大筋合意
24.マイナンバー制度スタート
25.横浜市都筑区マンション傾斜問題、三井住友建設が設計ミス
26.米軍普天間飛行場の辺野古移設問題加熱

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

「油断」は国家存亡の危機

  堺屋太一著の「油断」(1975年発刊)は、もし中東から石油が来なYudan200_くなったら、日本は国家存亡の危機に陥るというシナリオでした。40年前の想定ですが、日本のエネルギー事情は全く変わっていない。いや、3・11以降の原発再稼働問題などから、事態は悪化していると見ることが出来ます。
  更に深刻なのは、中国による南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島の埋め立てで「シーレーン切断の恐れ」があることです。いずれ、南シナ海に中国の「不沈空母」が次々と整備されたなら、南シナ海全域で制空権・制海権が確立され完全領土化されることは目に見えています。
 今、ようやくアメリカもイージス駆逐艦ラッセンを人工島の12海里以内を通過させて、「人工島を中国の領土とは認識しない」とメッセージを送っていますが、日本の左傾マスコミや野党は「必要以上に中国を刺激させないように」「冷静に見ることが大切だ」などの的外れの主張です。オバマ政権にしても、その実は、「あまり乗り気ではない」「アジア諸国への義理で渋々やった」ような印象です。
 つまり、米軍には演技に思われる点もあり、簡単に騙されてはなりません。
 しかし、1941年12月8日開戦の発端は、同年7月から8月ころABCD包囲網が完成し、日本に対する石油の全面禁輸措置から、石油備蓄の少ない日本は「座して死を待つより打って出る」ことを決断したと言われています。この当時よりは石油備蓄は多少増えて190日分だそうですが、今でも、油断したなら日本の経済が立ち行かなくなり、近代化した文明がことごとく崩壊することは必至でしょう。贅沢三昧の生活と思われるマスコミや野党議員たちも、堺屋太一著の「油断」を読んでからコメントして欲しいものです。
 まぁ海千山千の国際社会に、日本の軍事力は大して期待されないものの、大金を使った外交力がどの程度通じるのか・・・・・・・因みに「ABCD包囲網」とは、米国(America)、英国(Britain)、蘭国(Dutch)、中華民国(China)の頭文字で、戦前、日本に対する貿易の制限が目的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

南沙諸島埋立てを凍結出来るか

 米国は中国による南沙諸島の埋め立てを凍結させることが出来るのでしょうかImg_4857_3
 米軍の「航行の自由作戦」は、中国の領有権主張に異議を唱えたり、敵対的な意図を示したりする行動ではないそうです。
 米軍は中国が造成した島から12カイリ内を駆逐艦「ラッセン」の巡視活動を行うことで、中国の領有権主張を否定する立場を示したのですが、実際は両国納得ずみの巡視活動と報道されています。
  米国は強い姿勢を国際社会に示したつもりでしょうが、この程度で中国は、「埋立ては止めます」などと引くことはないはずです。20151029image_2米国も国際社会を納得させる活動をとる必要があり、お互いの顔を潰さないよう慎重に落としどころが探られているはずです。
 戦前、戦争の神様と言われた石原莞爾将軍は、「戦争には決戦戦争と持久戦争があり、軍事上から見た世界史は、武力による決戦戦争の時代と持久戦争の時代を交互に現出してきた」と語っています。
 この「持久戦争」は一種のにらみ合いの状態を指すのでしょうが、米国と中国は、当面は武力は使用しない「持久戦争」状態に入ったのでしょう。しかし、どんな戦争でも常に裏で巧妙な和平工作を模索すると言われます。
 それに、日本もいつまでも傍観者ではいられません。
 いずれアメリカ軍は、日本で9月に成立した安全保障関連法によって活動範囲が広がった自衛隊に、合同訓練の場所を南シナ海で計画するなどが予想されます。
 要は、日本や東南アジア諸国にとっては、中国による国際法を無視した埋め立てを止めてくれればいいことですが、誰から見ても簡単ではないことが分ります。28日の深層NEWSで自民党は「一方的現状変更を許さない」、民主党は「冷静に見ることが大切だ」と語っていましたが、日本は座視できる立場にはないはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

中国共産党独裁終わりの始まりか

 どんな相手でも「話せば分かる」と信じ、全てに日和見で優柔不断と言われるオImage2バマ大統領がついに決断しました。いや、あのオバマ大統領でも中国には堪忍袋の緒が切れたのでしょう。
 スプラトリー諸島で、中国が造成した人工島から12カイリ内を、横須賀母港の米海軍イージス駆逐艦「ラッセン」と対潜哨戒機「P-8A ポセイドン」が巡視活動を行いました。これ以上の中国の南シナ海支配を抑えるための活動で、「航行の自由作戦」と呼ぶそうです。これは、「南シナ海は固有の領土」と主張する中国と、公海はTPPなど自由な経済活動を行うには「自由な航行を保証すべき」と主張するアメリカの立場Image4_2とは真っ向対立するわけで両国は引くにひけない現状です。 折から、中国共産党の中央委員会第5回総会が26~29日まで北京で開催中で、情報が入ると会議は休会し、急きょ開いた中央国家安全委員会では、「米国を懲らしめるべき」、「挑発程度に応じ報復する」などの強硬意見も出たそうですが、結局、中国は「監視、追尾、警告」程度にとどめ事態のエスカレートを避けた模様です。
  いずれにしても習近平主席は、先の米国訪問では軽くあしらわれ、英国訪問でもチャールズ英皇太子に公式晩餐会を欠席され冷遇、そして今回の「巡視活動」にも何も出来ないことでメンツ丸潰れです。
 これでは、中国共産党や中国人民解放軍にそっぽを向かれ、指導力低下は必至でしょう。独裁者の最後は軍隊から信頼を失うときと言われています。だからと言って、今、米海軍に軍事的に対抗したなら、空母「遼寧」に代表される「張子の虎」の中国海軍では、半日も持たない実力と言われているのです。今回は、軽くジャブをかました程度ですが、米軍の巡視活動は当分継続されるようであり、そのたびに情けない中国の対応が見られるとともに、習近平国家主席の指導力が問われることでしょう。
 果たして中国は、軍事基地の建設は「続けるのか」「止めるのか」「凍結するのか」Image3

20151028image3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

マチュピチュに日本人の偉大な足跡

  今日27日は、朝から誰でも嬉しく思うような、「小さな大ニュース」を知りました。Image
 空中都市と呼ばれる世界遺産のマチュピチュ遺跡があるペルーのマチュピチュ村福島県大玉村が友好都市提携したことを朝のNHKニュースで知りました。
 世界的に有名な「マチュピチュ村」は、多くの国から友好都市の声がかかるそうですが、実際に協定を結んだのは世界で大玉村が初めてというから快挙です。
 この快挙の陰には布石がありました。Image1_3
 なんの縁も無いと思われる二つの村を結びつけたのは、大正6年、移民船でブラジルを経由してペルーに渡った大玉村生まれの野内与吉さんです。
 その後、縁あって昭和23年に与吉はマチュピチュ村初代村長に任命されると、マチュピチュ村まで鉄道を敷くことに尽力し、世界的Image1_4な観光地になる礎を築いたのでした。この鉄道の仕事は息子の野内・セサル・モラレスさんに引継がれ、息子もまた1981年(昭和56年) に村長に就任しています。
 更に、孫の野内セサル良郎さんは、日本の国際交流団体でマチュピチュ遺跡などペルー文化紹介の講師を勤めつつ大玉村を訪問し、去年は「日本マチュピチュ協会」を設立したという。野内与吉さんは、川の流れを利用した水力発電で村に電気を灯した他、土木工事など「七つの職を持つ村長」として村の発展に尽力し尊敬されたと、孫のセサル良郎氏が語っています。
 なお、野内与吉さんは昭和43年に52年ぶりに大玉村に里帰りして、講演会を開くなど、大玉村でペルーの魅力を伝えたそうです。晩年は、マチュピチュの玄関口の町クスコで暮らし1969年8月29日(昭和44年)74歳で波乱万丈の生涯を閉じています。Image1_5
Image1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

甲南PAトイレは日本標準になるか

 「甲賀忍者の里」として知られる新名神高速道路「甲南パーキングエリア」のトイレを利用して、「ものづくり」の大切さを再認識したことです。
000konan_pa

 多くの外国人が、日本に来て最初に驚くのはトイレだそうです。
 日本の高い技術力や清潔感、思いやりの心を、日本各地のごくImg_4827普通のトイレが無言のうちに伝えている空間なのでしょう。
 ところが、我々日本人は空気や水の如く、使い慣れると感謝の気持ちも薄くなり、当然と思うから贅沢なことです。
 先日、京都からの帰り道に新名神高速道路の「甲南パーキングエリア」に立ち寄りますと、トイレの清潔感や設計に驚き、今後の日本中のトイレの基本形になるのではと思えたことです。
  まず、それぞれの朝顔の間に仕切りがありません。
 更に、高級ホテル並みの洗面台や、要所要所の手すりの設置です。
 男性用しか見ていませんが女性用も同様でしょう。Kounan_1
  きっと、便器や洗面台も表面の凹凸をナノレベルまで磨き上げて、汚れが付き難くて落ちやすく、キズも付き難くなったものを使用しているはずです。
 尤も、便器の左右にこのような仕切りがありますと、隣の人から、「おお、ビッグマグナム  45口径」と冗談を言われることはなることでしょう。丁度、トイレを清掃中でしたが、足元を30センチくらい空いていた方が、掃除はし易いと思った次第です。
 因みに、「甲南PA」は平成20年、キタイ設計株式会社(滋賀県近江八幡市安土町上豊浦1030 )が設計したそうです。
Img_4828

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

マンション傾斜、本当に悪い奴は?

 「ハシシタ 奴の本性」のタイトルで、佐野眞一氏と週刊朝日が橋下徹大Img_4846_2阪市長に対する人権を侵害記事では、相手を週刊朝日や佐野氏ではなく、親会社の朝日新聞に絞った点が見事でした。
 今日10月25日のフジテレビの「新報道2001」では、石井国交大臣や中央大学教授の野村修也氏、自宅が欠陥マンションだとして建設会社と争った経験のある女優の松居一代氏らが出演して議論を戦わせていましたが、松居氏の相手は元請けに焦点を絞るべきとの意見に賛同します。
 松居氏は、これまでの調査は身内同士の慣れ合い調査に過ぎないと批判した上で、責任は明確に絞らないと戦えないと指摘し、元請けである三井住友建設に的を絞るべきだと語っていました。
  横浜市のマンション傾斜問題報道では、杭打ち工事を担当した旭化成建材と旭化成がやり玉に上げられ、更に契約社員やオペレーターの人格にまで触れるなど「罪」を押し付ける報道が目立っています。
 しかし、データ偽装マンションの建築や販売で一番利益を上げた「本当のワルは誰なのか」と絞ることも大切なはずです。それに、地盤調査を行って杭を打ち込む場所や、一本一本の長さや太さを設計したのは三井住友建設と言われています。
 実際の工事では、想定より「支持層」が深い場合を発見すれば、下請けは元請けの工事管理者に判断を仰ぎ、長さが足りなければ杭を8647継ぎ足すことになるのが一般的です。
  横浜の現場では、工事の進捗状況の確認や安全の確認は1次下請けの「日立ハイテクノロジーズ」が担当していることも忘れてならない存在と思います。そして、横浜のデータ偽装によるマンション傾斜事件の被害者弁護も、橋下徹氏が大阪市長を辞めたなら依頼すれば適任のはずです。
 きっと、本当のワルは誰なのか相手を絞って戦うはずです。

Img_4840

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

我が社の「基礎工事」は万全です。

 横浜の欠陥マンション偽装から建築物の基礎工事の重要性が問われています。
 まず、「関東ローム層」は軟弱地盤らしいとの誤解を解いておきたいと思います。
 関東ローム層は、関東の台地や丘陵に堆積した火山灰質粘土で、柔らかい火山灰のイメージと違って強い地震耐性があり、住宅建築に向いた地盤といえます。
 しかし、関東でも低地で水路や河川、湖沼の近くは軟弱地盤と見られています。 
 さて、「基礎」とは文字通り、「」の(いしずえ)と言われる如く重要です。
 地上の目に見える建物をどんなに豪華にしても、基礎部分を疎かにしたなら、それこそ砂上の楼閣です。逆に、基礎さえシッカリしていれば、その上の建築物は、長年に亘り、風雪や地震などに耐え忍ぶことが期待できます。2
 当社でも建築の出発は必ず地盤調査の作業から入ります。地盤は、どんな目利きでも表土を見ただけでは決して判断は付きません。
 当社の場合は、その下の地質・強度調査はボーリングで掘削し、コアを採取して行っています。また、建築物によっては重心が片寄る場合も有り、特に、その部分の強度を調査する意味からも、掘削によるデータが重要です。その重要なデータを捏造・無視しては論外の話しです。それなのに、横浜市の「欠陥マンション偽装」のような例が発生するのは何故なのでしょうか。1
 考えられることは、
①基礎工事に伴うデータ解析は、専門家以外では理解し難く、仮に説明を受けても分かりずらいこと。
②基礎は土中深くに埋設されるため発見され難いこと。
②仮に、基準を満たさない基礎でも、建物傾斜などの欠陥が発生する迄、相当の年数経過を要するために、その間の地震発生や自然劣化などを傾斜理由とし、工事当時との因果関係を証明し難い点もあること。
 などが考えられます。よって、欠陥基礎や手抜き建築が平然と行われても、之まで、何の不具合も出ず平穏に過ぎ去っている建物も多く有るはずです。我が社が手掛けた建築物も、以前は多くが「布基礎工法」が一般的でしたが、最近では殆どの場合「ベタ基礎」と呼ばれる耐圧基礎工法が主流です。加えて、技術の向上は勿論のこと、鉄筋量、コンクリート量を格段に多くすることで、基礎全体で建物を支持する構造のため、安定性、堅牢性が格段に向上しています。これらの写真は我が社の基礎工事中のものですが、今後も、引き続き信頼される技術を全ての現場で提供する決意でおります。

611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まもなく近くで道路が二本開通します

 大鷹の巣が発見され、工事中断を余儀なくされていた道路が間もなく開通します。
 先日、近所のカーディーラーにカーナビのデータ更新に訪問すると、「圏央道(桶川北本IC付近)や小平市のけやき通り(都市計画道3-4-23号)は間もなく開通ですが、データ更新されません。」と念を押されました。Kenoudo_image1いずれも、たまに通行する道路付近で進捗状況は把握していましたが、「それは仕方ないですね」と承諾して更新しました。
 間もなく開通の道路とは、
圏央道の「桶川北本IC~白岡菖蒲IC間」は10月31日(土)に開通。
●五日市街道から新青梅街道方向に抜ける「けやき通り(都市計画道3-4-23号)」は本年度28年春までに開通予定です。
 玉川上水に架かる橋は「百石橋だそうです。
 開通後は、立川通りや府中街道の渋滞緩和が期待されます。
 この二本の道路は以前「絶滅危惧種は大工事も中止させる(2015年5月30日)」と情報提供しております。
  因みに、営業マンに「今度データ更新するときは、自動運転の車対応のカーナビゲーションにしたいですね」と話しを振ると、「果たして5年以内に自動運転の市販車が出るかどうか、その前に、燃費のいい新車が出ますからどうですか」と営業されてしまいました。きっと、自動運転が最初に許可される道路は、歩行者や障害物が少ない整備された高速道路であろうし、同時に精度の高いカーナビ技術が必要のはずです。いずれ、寝ている間に目的地に到着する時代が到来するのでしょう。
 3423

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

まともな大臣候補はいないのか

 高木復興相は、原発事故に関して「二度とあのような事故は起こしてはならないという強い気持ちで復興に取り組みたい」と語っていますが、下着泥棒で捕まMainったときも「二度とこのようなハレンチな犯罪を起こしません。」と誓ったはずです。
 さて、高木大臣は、過去に女性の下着を盗んだことがあると報じられたことに、記者団に首相官邸で事実関係を問われ、「今日はそういった場所ではございませんので、お答えを控えさせて頂く」と述べたそうですが、今日の読売新聞政治面の「閣僚に聞く」でも同様の返答をしています。しかし、政治面に大臣の下着泥棒の話題が掲載されるとは、みっともないやらで、大臣候補の身体検査はどうなっているかと、安倍首相の人を見る目を疑いたくなります。
 「週刊新潮」や「週刊文春」などからですが、
 高木大臣の“下着ドロボー癖”は永田町にも知れ渡っており、“パンツ大臣”と揶揄されるほど。「地元では、若い頃の高木氏はパンツ泥棒の常習犯だったというのは有名な話」(福井県議のコメント)   高木毅復興相はCr1ugxu8aarp3u下半身丸出しの露出癖があって!火のついたタバコをお尻にはさんで「ホッ、ホッ、ホ~タル来い♪・・・・・・」
 また、“下着ドロボー”をしたのは、30歳前後。場所は地元の福井県敦賀市。目をつけていた20代女性の自宅に合鍵を作って忍び込み、タンスの中を物色したという。わざわざ白い手袋をはめて犯行に及んだというから、計画的だったのだろう。被害女性の妹が、犯行の一部始終を「週刊新潮」に詳細に語っています。

 早く安倍内閣を攻撃したい野党は、新閣僚スキャンダルに手ぐすねを引いて、任命責任を含めて追及する構えであり、早かれ遅かれ結果は見えています。
 その前に、潔く自ら身を引いた方がいいのでは・・・・
 それに高木大臣が被災地を訪問したなら、女性は下着も干せないだろうし、余興で下着を脱いで蛍のマネをされても、被災地の復興が早まるとは思えません。 

20151023image1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

建設工事の品質向上は人材確保と育成

 建設業界では、建築物の品質向上は人材確保と育成からと、知る限り50年以上も前から言われ続けています。度々起きる問題は、この人材確保の大号令が浸透していない現状を浮き彫りにしています。Image
 横浜市の「欠陥マンション偽装事件」では、70本の杭のデータが改ざん、8本の杭が固い地盤に十分に届いていないことが確認され、その言い訳は情けなく聞くに堪えない話しばかりです。
 「紙切れや紙詰まり」
 「計測装置のスイッチの入れ忘れ」
 「病気で休んだときの引き継ぎが不十分だった」
 「固い地盤への到達を確認しないまま作業を終了した」
 「固い地盤の傾斜が急だったため、到達したと勘違いしたなどが考えられる」
などの言い訳は、完成後ではプロでも確認が難しいのに、「そんな重要なデータをナゼ忘れるの、発覚するはずがないと思っていたのか?」と、隠ぺい工作を疑われても仕方ないことです。
 しかし、こんな稚拙な隠ぺい工作や手抜きは何故起きるのか原因を追及することが大切です。 要因の一つに、下請けに対する徹底したコストの縮減があ00003_commり、最後に損を押し付けられる構図にあると言われ、仕方なしに下請けは従わざるをえない現状が垣間見えます。
 これでは、高い技術と強い責任感を持った有能な人材が育つはずがありません。傾斜したマンションを手掛けた三井不動産レジデンシャルは、不動産の総合デベロッパーのトップとして、「街を創る」をキャッチコピーに掲げ、ビル開発・マンション開発・戸建住宅開発などに積極的に事業展開しています。
 杭打ちを請け負った旭化成・浅野敏雄社長は、「深く深く反省し、おわび申し上げます。」と涙ながらに謝罪していましたが、住民からすれば謝って済む話しではありません。また、旭化成の「ヘーベルハウス」は、先般の鬼怒川堤防決壊でも倒壊しなかったことから丈夫な建物として評価されています。しかし、今回は正に「旭化成よ、お前もか」と、我が目を疑ったはずであり、当分は、天国から地獄に落ちた心地が続くことでしょう。まずは、この問題を他人ごととせずに、貴重な「他山の石」として、建築物の品質向上は人材確保と育成であり、「現場の担い手こそ重要」であると大切にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

「1:29:300の法則」でミス減少対策を

 「欠陥マンション偽装事件」は「1:29:300の法則」を疎かにした結果と思います。
 よって、「過去には何も無かった」今回だけが大失敗だったはありえないはずです0000_svg
 それにしても、このような失敗は、住民やマスコミ対応でトップから社員まで心労と自信喪失、士気の低下、そして社会的制裁、経済的損失など痛手が悲惨すぎます。
 さて、「1:29:300の法則」とは労働災害において、1件の重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという法則を導き出したハインリッヒに由来し、「ハインリッヒの法則」とも「ヒヤリ・ハットの法則」とも呼ばれています。
  建設業界も昔から、人身事故や建築物の崩壊など、大なり小なりの失敗事例は枚挙にいとまがない業界です。
・高所作業中、足場から転落する。
・脚立やハシゴで作業中、バランスを崩して落下する。
・資材が倒れて下敷きになる。
・資材を落下し通行人に重傷を負わせる。
・外壁塗装中、駐車車両や近隣家屋に塗料を散布させた。
・建物の引き渡し後、不備が発覚し居住者に損害を与えた。
 このような失敗を最小限にするために、「ゼロ災運動」など安全管理の徹底、安全資材の開発と発展、作業マニュアル作成や作業員の相互チェックなどにより、大幅に減少していることも事実です。0000067
 大幅減少の背景には、意識しようがしまいが、この「1:29:300の法則」が働いているように思えます。作業員や現場監督が「ヒャッとした」「しまった」と感じたことは、次の重大事故を防ぐための改善の大きなチャンスです。しかし、この「ヒャッとした」という貴重な体験を無視したのでは、改善のチャンスを見逃したことになります。
 少なくとも、ミスの原因を調査し、改善と対策を記録して組織で共有することです。
  横浜の「マンション傾斜」は、重機のオペレーターや施工管理者(現場監督)は前々から、いいかげんなチェック体制などに気が付いていたはずです。気が付いていたからこそ、平気でデータを改ざんしたり他の現場のものをコピーして取り繕ったのするのです。
 人間は誰も見ていないと、易きに陥りがちなもの・・・・・
 「性善説」からくる「信頼する」「任せる」は聞こえはいいですが、裏切られることも同時にあると経営者や管理者は覚悟すべきです。「マンション傾斜事件」の場合、チェックする立場にある工事監理者として、「教えない罪」「管理しない罪」「指摘しない罪」は極めて大きいのです。我が社も「他山の石」としたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

マンション傾斜は日本版VW事件!

 先般は、ドイツ車のフォルックスワーゲン(VW)がディーゼル排気ガスのデータ偽装発覚で国際的な大問題になっていますが、今度は日本のマンション傾斜で大揺れです。世界に誇る「ものづくり日本」にとっては大きな痛手です。築き上げた信用が崩壊するのも正に「蟻の一穴」からなのでしょう。Mage
 問題の横浜市都筑区「パークシティLaLa横浜」の
 事業主は、三井不動産レジデンシャル
 施行元請けは、三井住友建設
 下請けは、日立ハイテクノロジーズ
 そして、杭打ち工事は、旭化成建材株式会社 (前田富弘社長)が行い、問題の地盤データ改ざんを行ったもので、現場で関係したオペレーターら二人は判明しているようです。尤も、居住者にとっては一次下請も二次下請も関係ないことで、「どこでもいいから、何とかしろ」と思っていることでしょう。Img_4839
 三井不動産は、関連会社と裏でどう話しが付いたのか不明ですが、傾斜した西棟を含む全4棟を建て替える方針を住民に示したことは評価できる話しです。しかし、建て替えには少なくとも3年半かかると言いますから、住民側の足並みも簡単には揃わないでしょう。いずれにしても、この補償は、単に建て直し費用に止まらず、住民の借り住まいや移転費用、慰謝料等々を計算すると余りにも莫大過ぎます。組織ぐるみなのか数人だけの偽装工作なのか、常習的なのかは判りませんが、一旦信用を失うことが、どれだけ大きなダメージを、一企業だけでなく建設業界全体に及ぼすかは、かつての建築会社「ヒューザー」の姉歯耐震偽装事件で体験済みだったはずです。Img_4838
 きっと、関係者も理屈では理解していたでしょうが、目先の利益を優先させたツケと社会的影響は余りにも大き過ぎます。刑事・民事・行政責任などで厳しい罰と社会的制裁を受けることは勿論として、管理体制の強化によるチェック体制、人事管理などを根本から見直すこととは喫緊の課題のはずです。
  くい打ちデータ偽装の旭化成グループのホームページには、グループ理念として「私たち旭化成グループは、世界の人びとの“いのち”と“くらし”に貢献します。」と崇高な理念を掲げています。しかし、どんな立派な企業理念を掲げても、組織の一人ひとりの心にまで理念が浸透して実践しなければ、絵に描いた餅と同様です。
 結びとして、
 我が社も小規模ながら建設業務に携わる会社として、建設工事の一つ一つに確実なチェックと気配りを怠らないようにして、お客様に絶対に迷惑がかからないようにすべきと、改めて誓うこの頃です。また、当社は一戸建ての注文住宅が中心ですが、お客様に「地盤強化工事や基礎工事は直ぐ見えなくなるので、見えるうちに現場に数回は足を運んでご自分の目で確認して欲しい。その時は、見学しながら具体的に工事内容をご説明したい。」と契約時にお話ししていますが、完成後、安心して住まわれるための一つの方法と思っています。
パークシティLaLa横浜
所在地:神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-13(地番)
交通:JR横浜線「鴨居」駅から徒歩11分
総戸数:705戸(その他、横浜市認可保育所<予定>1戸)
構造、建物階数:地上12階
敷地の権利形態:所有権
完成時期:2007年12月
売主:三井不動産、明豊エンタープライズ
施工:三井住友建設

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

中央卸売市場は食料安保の最前線

 昭和2年、日本初の中央卸売市場として誕生した「京都市中央卸Img_4670_2売市場」も老朽化と狭隘化により、2025年度の完成を目指し整備計画があるそうです。兄と弟が経営する「石徳」が入居する1号棟や2号棟も昭和53年の改築と聞きましたが手狭になった印象でした。
 計画案としては、
 青果棟は5階建てとし、1階~3階に荷卸場やせり場、ピッキング場所、4階に仲卸店舗、5階に卸事務所、屋上に駐車場を備えるそうです。兄弟も、「ここも10年後には新しくなる。楽しみなことだ」と期待していました。ところで、せっかく青果棟や水産Image2_3棟、駐車場など全般を見学させて頂きましたので、門外漢で失礼ながら提案意見を申し上げたいと思います。
 まず、京都市中央卸売市場は、他の中央市場より市街地に位置しながら、広大な敷地を有するなど立地条件に恵まれていますので、それを最大限生かして欲しいものです。
●震災発生時の住民や観光客の避難場所を検討する。
●万が一に備え、ガソリンなど燃料補給体制を常備しておく。(燃料が無かったら食料品も運べない)
●通路を広く確保し運搬車両や歩行者の安全を図る
●運搬車両の自動運転やロボット稼働を可能にする工夫をする。
駐車場所を広く確保し、車利用客を呼び寄せる工夫をする。
トイレや方角などを分かり易く表示する。
●外国人や観光客に対応した工夫をする。
防犯カメラを多く設置し管理体制を万全にする。
●京都の街にマッチした建物の外観を検討する。
●中央卸売市場を和食文化の発信基地にする。
  農林水産省と協力し、ユネスコ無形文化遺産登録の和食文化の保護と継承、地域の活性化に積極的に貢献する体制を作る。
●食料安保の最前線として機能強化を図る
 いずれTPPの影響を最初に受けるところであり、防疫など衛生面対策等あらゆる機能強化を図り、食の安全・ 安心へ積極的に貢献する。Image2_2


Image4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

京都中央卸売市場のにわか知識

 先日、「京都市中央卸売市場」の青果棟63番で兄と弟が営む「石徳」を訪問Esitoku_2015_10した際、青果棟や水産物部棟を見学させて頂きました。
 まず、京都市中央卸売市場第一市場の面積は、甲子園球場の約4倍もあり、屋上の駐車場の広さに驚きました。場内業者の従業員数合計は約4千人だそうです。青果棟では折から「競り」の場面を間近で見学し、真剣な眼差しで取引している関係者の雰囲気などを勉強することが出来ました。また、京都市中央卸売市場は中央市場の先駆けとして、昭和2年の開設です。この場所は794年平安京遷都と同時に、道幅が84mもあった朱雀大路(今の千本通)の東西に置かれた東市・西市とほぼ同じ所に位置していることからも歴史を感じさせます。
 この中央卸売市場で働く人達は、「卸売業者」「仲卸業者」「売買参加者」に分類出来るそうです。
卸売業者」とは、農林水産大臣の許可を受けて、日本各地や外国からも集荷し、仲卸業者や売買参加者に販売し20159cています。卸売業者は多種多様な生鮮食料品等を集荷し、せり売りや入札等で販売しています。
仲卸業者」とは、中央卸売市場内に店舗を持ち、卸売業者から買い付けた物品を細かい単位に仕分け、調整し、小売業者、大口需要者等に販売することを業務としています。仲卸業者は、専門的な立場から消費者に代わって品物を評価し、市場における価格形成に重要な役割を果たしています。仲卸業者が業務を行うには、品目ごとに許可を必要とします。
売買参加者」とは、卸売業者の行う卸売に直接参加し、物品を買い受ける権Img_4665利を持っている小売業者や大口需要者であり、仲卸業者とともに卸売業者の卸売の相手方となるものです。
  兄弟が営む「石徳」は、「仲卸業者」の一つとして京都府民の台所に新鮮な食材を届ける大切な業務として、誇りと自信を持って営んでいることが伝わりました。
 裏話として、「マツタケ」の扱いは難しいそうです。国産松茸と外国産松茸の見分け方、国産松茸は天然物で虫が付きやすいことや、価格が中々安定しない傾向があるそうで、この見分けに弟は口を出さず兄に任せていると語っていました。なお、京都市中央卸売市場は老朽化と狭隘化により、青果棟は全面建て替えで2025年度の完成を、改修する水産棟は19年度の完成を目指しています。兄も10年後が楽しみだと語っていましたが、それまで現役で頑張って欲しいものです。
平安京の条坊図 Image1

Img_4696
Img_4670Img_4674

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都中央卸売市場「(株)石徳」のこと

 このところ、連続して京都の話題を提供していますが、兄弟の会社のことにも触れておきたいと思います。Img_4665京都市中央卸売市場では、兄の杉山富美雄と弟の賢三が、「石徳果物部」と、「石徳青果部」を営んでいます。
 兄の富美雄とは年齢が8歳違い、中学を卒業すると直ぐ京都の叔父方で暮らしながら京都の学校に通っていたこともあり、実家で一緒に過した思い出は少なく、先日、訪問した際に京都で暮らすことになった経緯などを尋ねてみました。
 京都には母の妹が嫁いでおり、ご主人は三木昭三といい京都市中央卸売市場で石徳を営んでいたのですが、子供がいなかったのです。そこで富士宮市の我が家には男四人兄弟Bananaがいたので、幼少時から誰かを後継者に欲しいと狙っていたようです。そして兄・冨美雄は気配りが利くところがあり、商売向きと叔父の目に留まったのでしょう。
 本人へのアタックは、中学三年の京都への修学旅行のときと聞きました。宿泊先に生徒や先生方全員分の大量のバナナが届けられ、「今日は冨美雄君を我が家に泊まらせたい」と先生に頼み許可されたことが第一歩のようです。Honda_cb_250
 叔父・叔母の京都の自宅では、ご馳走の接待攻勢を受けながら、「京都はいいぞ・・・富士宮と違って何でもあるぞ・・・」などと口説かれたのでしょう。しかし長男であることから、当然、親の大反対があったのですが、これを押し切って京都に向かったのは昭和34年のことでした。京都では一人息子のように大切にされ、当時、一番人気のオートバイ「ホンダCB250」を与えられ、流行り始めたばかりのエレキギターを買ってもらい音楽学校に通うやらで、スッカリ京都に染まり抜けることが出来なくなったのでした。
 叔父や叔母の作戦に完全にハマってしまったのでしょう。0000c5
 いよいよ商売の石徳の仕事を手伝うのですが、当時、流行のベンチャーズサウンドに憧れ、折からのエレキ・ブームから、仲間5人でバンドグループ「ザ・マイティーズ」を編成したそうです。そして、同じ学校の後輩で京都出身の愛田健二のバックを担当し、「京都の夜 」「小雨の金閣寺」などを、京都や大阪などの舞台で演奏していたようです。
 因みに、「ザ・マイティーズ」の名付けは、通っていた京都関西音楽学校の作曲家で浅田憲司校長だそうです。浅田校長は愛田健二(本名・浅田久一)の父親だそうですから力の入れ方が分かります。
 当時は「モテモテで困ったものだ」と語っていましたが、富士宮に帰省しても、そんなことは一切語らなかったので、今回初めて聞いた話でした。しかし、どんなに夜遊びしても、午前2時には市場に向かったことを自慢していましたが、色々いい思いをしたことでしょう。最近、体調を崩したそうで心配しているのですが、弟の賢三がシッカリ支えているようなので安心しています。
 弟の賢三は、富士宮当時から空手を続け、今でも学生達に指導しているそうです。
 富士宮当時はヤンチャなところがありましたが、今は仕事一筋の男です。
 下段に「京都の夜 」を貼り付けましたので、愛田健二の甘い歌声とともに兄の若かった頃を想像したいと思います。

Img_4668

 下段中央が、叔父の三木昭三です。Img_4675

京都の夜
 
作詞:秋田 圭  作曲:中島安敏  歌唱:愛田健二
(一)
別れないでと 抱きしめて
愛してくれた あの人は
白い夜霧に 消えたまま
淋しく今日も 求めてうたう
甘い京都の夜は ふけゆく
 【台詞】
 ばかだなあ  どこへ行っちゃったんだい
  君の 君の シャネルの匂いが いつまでも 消えないんだ
(二)
聞かせておくれ 今一度
優しいあなたの ささやきを
祇園の雨に 濡れながら
シャネルの人を せつなく今日も
さがす京都の夜は ふけゆく
さがす京都の夜は ふけゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

壬生や角屋で幕末にタイムスリップ

 京都の旅では、幕末期の動乱の京に突如として登場した「新撰組のことを忘れてはなりません。これまで「新撰組のことは頻繁に小説や映画などで取り上げられ、ごく自然に京の街の地名や名所を記憶したものです。当時は迷惑な集団と思われたでしょうが、今では京の歴史を面白くした第一功労者とも見ることができます。もし新撰組が存在せず、横暴な薩長のなすがままに天誅や焼打ちが繰り返され、すんなりと大政奉還、討幕に進んだなら、京の歴史、幕末日本の歴史も面白みが半減したはずです。Image6
 そこで滅びの美学と言われる新撰組の障りだけでも触れたく、「揚屋」角屋(すみや)や八木邸、前川邸、壬生寺などを見学してきました。新撰組草創期Photo_5の初代局長・芹沢鴨が、仲間に闇討ちされる場面は、映画などで必ず取り上げられるクライマックスシーンです。
 芹沢鴨はその日、「揚屋(今の料亭)角屋」で酔いつぶされて、八木邸まで副長助勤・平山五郎、同じく副長助勤・平間重助に介護されながら歩いて帰宅したそうです。その場所や距離感を知りたく、中央卸市場南方の島原にある角屋(すみや)を見学後、壬生寺隣の八木邸まで、「坊条通」約1.5キロを歩いてみました。当時は歩くのが当たり前の時代で、この程度の距離は苦にならなかったはずです。
 ゆっくり歩いても約30分の距離でした。
  八木邸で、次のような解説を聞きました。
 芹沢らは八木家で再度宴会を開いたようで、そこには芹沢の愛妾のお梅、平山五郎の馴染みの芸妓・桔梗屋吉栄(きちえ)、平間重助の馴染みの輪違屋・糸里(わちがいや・いとさと)が酒席を盛り上げ、そして、すっかり泥酔した芹沢たちは宴席が終ると、屏風で仕切っただけの部屋で女たちと寝ていたようです。
 八木邸で寝ていた順序は、
 奥の10畳間に芹沢とお梅、平山と吉栄、玄関口の部屋に平間と糸里が寝ていた模様。そして、寝入った深夜、試衛館派の土方歳三と沖田総司、山南敬助と原田Image4左之助が二手に分かれて奥の部屋へ踏み込み、芹沢・平山・お梅を殺害することになります。
 映画などでは、面白くするため脚色されて、戦ったように演出していますが、殆ど一撃で殺害されたようで、平山とお梅は布団の上で首を跳ねられています。ただ、神道無念流の免許皆伝で師範役であった芹沢鴨は、一撃を受けながらも枕元の脇差で立ち向かい、一旦は廊下に出て、隣室の八木親子(母親と為三郎、勇之助兄弟)が寝ていた六畳間に逃げ移ったとき、入口付近の文机につまずき、倒れたところを殺害されています。
 このとき、弟の勇之助が誰かの刀傷を受けて大怪我しています。これらは、当主・八木源之丞の息子・為三郎(1850~1931、享年82歳)が、14歳当時の目撃談として後世に語り継がれていることです。
 なお、浅田次郎の「輪違屋糸里」の小説は、京都島原の天神糸里を主人公に、平山の恋人の吉栄、芹沢の愛人のお梅ら女たちの視点で、新選組初期に起こった芹沢鴨暗殺事件を描いています。Sumiya_12
●角屋もてなしの文化美術館(右写真) 
 TEL:075-351-0024 営業:10時~16時 定休:月曜、
 入館料¥1.000
八木邸 
 TEL:075-841-0751 営業:9時30分~16時30分 
 定休:月曜、第3水曜  
■芹沢襲撃 八木邸 二十四 大河ドラマ 新選組 新選組を行く   https://youtu.be/X4V6c5jg2p0  

「新選組 - 生き残った男」 驚きももの木20世紀 (1/6)
   https://youtu.be/gEmBjyiMTx0

ああ新撰組
作詞:横井 弘 作曲:中野忠晴
(一) 加茂の河原に 千鳥が騒ぐ
またも血の雨 涙雨 武士という名に 
生命(いのち)をかけて
新撰組は 今日もゆく
(三)  菊の香りに 葵が枯れる  
枯れて散る散る 風の中  
変わる時世に 背中を向けて  
新撰組よ 何処へゆく
(二) 恋も情も 矢弾(やだま)に捨てて
軍(いくさ)かさねる 鳥羽伏見
ともに白刃(しらは)を 淋しくかかげ
新撰組は 月に泣く

新選組の歌」  
牧房雄作詞、小川隆司作曲
(一)葵の花に吹く 時代の嵐  
乱れて騒ぐ 京の空  
誠の旗に集いつつ 
誓う剣は雲を切る
(二)荊を踏み越えて 大儀の虹に   
憂いて進む 道ひとつ   
今宵も鴨の水荒れて 
夢は破れる小夜千鳥
(三)火筒に草は燃え 300年の   
武運は虚し 鳥羽伏見  
夜明けを前に散り惑う 
壬生の強者どこへ行く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昼食は京都マグロ卸直営店・宮武で

 こんな美味しい店が近くにあったなら、毎日でも通ってみたいとImg_4697思った事です。
 京都市の中央卸売市場で、兄と弟が(株)石徳青果部と(株)石徳果物部を経営しており、先日、表敬訪問して来ました。
 昼食は、市場南に近接する歴史ある土地『島原』の一角に位置する「魚河岸・宮武 」に案内されました。この店は2012年10月1日開店で、看板を掲げない「大人の隠れ家」として、また料理を作っているところが目の前に見えるオープンキッチンスタイルの評判の店だそうです。
 「宮武」は、中央卸売市場でマグロ卸業者直営の店であり、市場直送のランチは「日替御膳800円」と、お安い値段で提供していました。この日の「日替御膳」は「づけ丼」が中心でしたが、今まで食べたことがないほどの味付けを堪能させて頂きました。きっと、東京では2000円くらいの0000101値段を付けるはずです。魚河岸「宮武」 は、食べログで4.5の高い評価を受けているとおりの期待を裏切らない店です。夜は居酒屋に変身して開業するそうですが、つくづく兄弟らを羨ましく思ったことでした。
 所在地は、
 京都府京都市下京区西新屋敷下之町6-5
 アンクル島原 1F http://uogashi-miyatake.jp/
 ☎075-203-1855
 ランチは予約しておいた方がいいと思います。
 ※店舗前は昼前には、このような行列でした。
Img_4698

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

歴史を左右した京都伏見の戦い

 京都南部に位置する伏見は、戦国時代は徳川が天下を取ることになる「関ヶ原の戦い」、幕末には徳川幕府の終焉となる「戊申戦争」の前哨戦の地として歴史のターニングポイントになった所として知られています。Image5
 「伏見城の戦い」は、「関ヶ原の役」の前哨戦として、家康が今川の人質当時からの幼馴染・鳥居元忠らが籠城する伏見城を西軍(石田三成側)が攻めたとき、元忠ら1800人が城を枕に玉砕した戦いでした。なお、養源院(東山区三十三間堂廻町656)の「血天井」は元忠や家臣らが自刃した建物の床板を供養のために天井に貼られたと言われます。
 また、「鳥羽伏見の戦い」は、幕末の1868年(明治元年/慶応4年)は、日本史上最大の内戦「戊辰戦争」の前哨戦として知られています。いずれも、歴史を大きく左右した一大決戦であり、そんな伏見の空気に触れたくなり訪問してみました。
 かつて、伏見は豊臣秀吉により宇治川と濠川による河川港として築かれ、大阪と京都を結ぶ交通の要衝として、米を三十石積めたという三十石船が往来した水運の拠点であり、また、秀吉は伏見城を築き「桃山文化」が花開いたところです。
 しかし、「伏見城の戦い」では三十石船などが水運を利用して、西軍の軍勢は伏見城を目指したであろうし、幕末には、薩長の西郷隆盛や坂本龍馬ら志士も三十石船で往来し、討幕のために京の街に武器弾薬を運び込み、天誅や京の街の焼打ちなど不穏な計画をしたはずです。そんな、歴史の証人として坂本龍馬が定宿にしていた伏見港の船宿「寺田屋」が昔の姿のまま残されていました。
 訪ねると、きっと幕末にタイムスリップしたような感覚になるはずです。
 かつて賑わった「伏見港」は、淀川水運が廃止されると埋め立てられ、現在は伏見港公園として復元されていました。

000024Teradaya_963

日本の夜明け
Img_4755_000
Img_4755Img_4751

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

京都の「鯖街道」は今も健在です。

 高倉健主演の「夜叉」は福井県美浜市の若狭湾に面した漁村でしたが、全長約70kmの「鯖街道」はこの辺りから何本も京都を目指していたそうです。Saba_33「鯖街道」と言っても、鯖だけでなく若狭湾から甘鯛、笹カレイ、松葉カレイ、イワシなど多くの魚が一汐されて京へ運ばれていたのですが、特に鯖が多かったので「鯖街道」と呼ばれたそうです。その名残りでしょうか、京都には今も「鯖寿司」を提供するお店が沢山あります。
  先日、京都の中央卸売市場で「(株)石徳」を営む兄弟から面白い話しを聴きました。 「(株)石徳」のお客様で、京都市と亀岡市で20店舗を展開するスーパー・マツモトの話題です。実は、この話しを聞く前Img_4673に一度「マツモト 」を利用し「鯖寿司」を購入していましたので話しは見えていました。
 現会長の松本定市氏(94歳)は、1955年に京都で初のセルフサービス店をオープンして以来、京都市と亀岡市を中心に20店舗を展開する京都を代表するスーパーチェーンで、社是は「商道一筋、正直一途、誠心こめて」と掲げています。
 「マツモト」 が力を入れるのは、「鯖寿司」「巻きずし」「サツマイモ」、そして「レジ清算」で、松本会長の拘りは大きい太いが第一条件だそうです。
 実に、顧客の購買心理を突いていると思います。
 また、94歳の松本定市会長は、松本隆文社長と分担して各店舗を巡回するのが日課で、今日も助さん格さんを引き連れて、陣頭指揮を奮っていることでしょう。言い忘れましたが、マツモトの名物の「鯖寿司」はズッスリと重く油が乗って美味しくお得感が有ると思います。今回は、松本会長の助さん格さんを引き連れた店舗巡回の様子を拝見出来なかったことは残念でしたが、京都の名物会長として、いつまでもお元気で・・・・・

Image4
株式会社マツモト 代表取締役社長 松本隆文 京都府亀岡市西竪町61-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都「大覚寺」で無知を自覚する。

このようなブログは、どうしても知ったかぶりになりがちですが、先日の京都の旅は、いかに「無知」であるかを自覚した旅でもありました。ソクラテスは、無知を自覚することが真理に至る道であると「無知の知」を説きますが、そんな高尚なことではありません。単なる、「無知の自覚」というか「無知の恥」とでも言うべきでした。
 ※大沢池の菊ケ島で嵯峨菊を管理している方にいろんなお話しを聴く。
Photo
 先日、右京区嵯峨にある真言宗大覚寺派大本山の寺院「大覚寺」を拝観しました。
 動機は、「剣客商売」、「子連れ狼」、「水戸黄門」、「鬼平犯科帳」、「たそがれ清兵衛」等々の時代劇のロケ地として知られ、実際はどのような寺院なのか一目確認したいと思ったからでしたが、日本文化発祥に深く関係していることを知りました。京の歴史、いや日本の歴史を知るには、外せない場所でしょう。
●嵯峨天皇(52代 786~842 在位809~823)は平安京に遷都した桓武天皇を父に持ち、 「大覚寺」の前身は「離宮嵯峨院」であること。
●「大覚寺」の庭園は平安初期、嵯峨天皇が嵯峨離宮造営と同時に造られた日本最古の庭園であること。
●嵯峨天皇は空海(弘法大師)と親交深く、大覚寺の前身「嵯峨離宮」建設に協力し、また 空海は嵯峨天皇から東寺の下賜と高野山を開く許しを得ていること。
●嵯峨天皇は子息たちに「源姓」を与えたことが「源氏」姓の発祥と言われている。
古典菊(肥後菊や美濃菊など)の一種である嵯峨菊は、大沢池の「菊ケ島」に自生していた野菊で嵯峨天皇のお気に入りで広まったこと。
●紫式部が「式部日記」で、「嵯峨野の月はたいへん素晴らしい」と大沢池の月を褒めたたえ、今も、「観月の池」として知られ、平安の昔から貴族によって舟遊びが行われた天下の名勝地であったこと。
●真言の寺「大覚寺」は、弘法大師空海は嵯峨天皇に写経を奨めたことから、今も般若心経写経の根本道場として嵯峨天皇に倣い写経する人々が多いこと。
●「大覚寺」は、いけばな発祥の花の寺でもあり、「いけばな嵯峨御流」の総司所(家元)であること。
 この一つでも知識を深めて再訪したなら、せめて「無知の知」に接近できるかも?
 〒616-8411 京都府京都市右京区嵯峨大沢町4 ☎075-871-0071

Img_4765

嵯峨伝燈学院の僧侶たち(真言宗僧侶の修行養成機関)Img_4777
旧嵯峨御所 大覚寺門跡   https://youtu.be/S2bozwzLgBs  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

「和の精神」を尊重した京の街並み

 京都は、春・夏・秋・冬の四季の移ろいが織り成す借景と、古い街並みを大切にしているところが魅力で、自然や近隣と融合した「和の精神」を至るところで見つけることが出来ます。日本人は「形」を尊重しImage4、武道、舞踊、茶道、華道、仏教などでも昔から伝承して来た「形から入る」ことを京の街並みが具現化しているように思えています。
 先日、京都の街に入ると全国展開する銀行やコンビニなどの看板が、東京で見慣れた色彩や形状と違うことに気付きました。
 きっと、厳しい「屋外広告物条例」が施行されているはずです。
 看板は自己主張の典型であり、他より少しでも目立ちたいと、大型で色彩も赤などを中心にしたど派手に造られたものが街頭の景観を阻害していることが通例です。
  ところが京都でも、屋外の広告物規制が厳しいから、ガラス窓越しに派手な屋内広告物を掲げるという裏ワザを使う斬新な店舗も現れたというから人間はずる賢いものです。これは他と融合する「和の精神」から大きく外れた考え方のはずです。
 「守破離」とは、武道、茶道、華道等の修行において、師匠に言われた型を徹底的に「守る」ところから修行が始まることであり、いつかは、これを身に着け自分の個性を発揮する「破」「離」へと進むという教えのはずです。この「屋外広告物条例」の世界で、いきなり裏ワザの「破」「離」とは、ちょっと意味が違うはずです。下段のような、京都らしいセンスのいい店舗や看板を法律の規制に頼らずに「和の精神」を大切にしているところを見せて欲しいものです。
  嶋臺(しまだい)中京区船屋町(御池通東洞院通西北角)0000top_image_01Img_4722_2Image6
 中京区車屋町 251(姉小路通烏丸東入)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

風水を取り入れた街は発展する?

※比叡山から京都盆地を望むImg_4563
 「泣くよ(794)ウグイス平安京(京都)」、Image1
 「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」、
 「人群れ騒ぐ(1603)江戸の町」などと、アンチョコに歴史年表を覚えたものです。この三都市に共通するのは風水で造られ今も繁栄を続けていることです。ところが、風水を無視した奈良や大阪などは短命だったと言われています。(異論もあるでしょうが・・)
 さて京都には、兄と弟が京都市中央卸売市場で(株)石徳青果部と(株)石徳果物部を経営しており、時折、表敬訪問することがあります。先日は車で訪問したので、京の街をじっくり観察する機会がありました。
 京都は三方を鞍馬山、比叡山、東山、嵐山、北山、大文字山などの山々に囲まれていますが、南の伏見方向は開いた盆地です。市街地は、桓武天皇が794年平安京として遷都以来、碁盤の目に道路名や地名を今も残し、鴨川や桂川などの清流が市Img_4665_2街地を潤すように南下しつつ、要所要所に架かる橋名などが覚え易い地形・地理を形成しています。また、市街地には京都御所、二条城、西本願寺、東本願寺、東寺などがポイント良く配置され、ほどよく離れた山並みでは多くの寺社仏閣が京の街並みを見守っています。そして、全ての寺院や一般邸宅までもが、自然の背景を恰も庭園の一部として取り込む借景が使われていることに気付きます。国内にとどまらず世界中から観光客を集め、今も発展する京都に納得することが多々あるはずです。
 ※下段の写真は伏見稲荷の中腹からの京都です。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

自分に言い聞かせている言葉です

 これらの言葉は、自分に言い聞かせている言葉です。
 なかなか、このように行かないのは、私を知る皆さんがご存じのとおりです。

日常の五心

  1、ハイと云う素直な心
  1、すみませんと云う反省の心
  1、わたしがしますと云う奉仕の心
  1、おかげさまでと云う謙虚な心
  1、ありがとうと云う感謝の心

改善の心
  固定観念は、すべて捨てよ
  すぐにやれ、言い訳は無用
  金で逃げるな、智慧で勝て
  真因をつぶせ、なぜ五回
  改善に終わりなし今が最低と思え

ダメな人間
 1、時間を守らない人。
  2、避けて通る人。
  3、人のせいにする人。
  4、整理整頓をしない人。
  5、連絡の悪い人。
  6、出来ませんと言う人。
  7、行動しない人。
  8、考えない人。
  9、基本の出来ない人。
  10、粘り気のない人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

日本人なら自覚したい「大和の心」

 GHQ占領政策の目的は、野蛮な日本人の改良計画だったと言われています。
 具体的には、戦争をしたことに対する罪悪感(自虐史観)を日本人に徹底的に植え付けることでした。その結果、殆どの日本人は「戦前の日本は間違っていた。戦後の日本は平和憲法のもとに永久に不戦の誓いを立てたのだ。」と思いこんでいます。
 見事なほどの、GHQ占領政策による「日本人改良計画」の成果です。
 しかし、もうそろそろ、日本人としての誇りを取り戻す時期です。
 この動画を観ますと、日本に生まれて本当に良かったと思います。
三千年以上の歴史を持つ日本
日本人なら知っておきたい大和の心【誇れる日本の真実の歴史】   https://youtu.be/B3k9pjditxg

Image5_2


アーセン ベンゲル 元名古屋グランパス監督
日本人はヨーロッパを美しく誤解している。
しかし実際のヨーロッパは全然違う。
日本が東京のような大都会とすれば、ヨーロッパはアフリカのサバンナのようなところだ。
治安が悪いのはもちろんのこと、日本人と比較すればヨーロッパ人の民度は恐ろしく低く、
日本では当たり前に通用する善意や思いやりは全く通じない。
隙あらばだまそうとする奴ばかりだ。
日本と違い階級社会である為、会話の全く通じない無知な愚か者も多い。
私は、時々、欧州事情に疎い日本人が欧州に行ったら、精神に異常を来たしてしまうのではないか?と心配することがよくある。
欧州について何も知らない日本人が欧州に移り住むというのは、都会の快適な場所に住んでいる人間を、ライオンがうようよいるアフリカのサバンナに丸裸で放り込むのと変わらないだろう。悲惨な結果になるのは目に見えている。
日本ほど素晴らしい国は、世界中のどこにもないだろう。
これは私の確信であり事実だ。
問題は、日本の素晴らしさ・突出したレベルの高さについて、日本人自身が全くわかっていない事だ。おかしな話だが、日本人は本気で、日本はダメな国と思っている。
最初は冗談で言っているのかと思ったが、本気とわかって心底驚いた記憶がある。
信じられるかい?こんな理想的な素晴らしい国を築いたというのに、誇ることすらしない。 
本当に奇妙な人達だ。
しかし我々欧州の人間から見ると、日本の現実は奇跡にしか思えないのである。
だから、私はいつも、欧州に行きたいという選手がいたら、よく考えて決めるべきとアドバイスしている。日本でレベルアップできるなら、日本より(国の発展が)遅れている欧州諸国に行く必要は全く無い。欧州では人種差別もあるので、力があっても出場すらさせてもらえないかもしれない。リスクが大きすぎるのだ。
日本のリーグのレベルを上げる事の方を、安易な欧州進出よりも優先すべきである。
もしどうしても行きたければ、ドイツのような人種差別意識の低い国のリーグか、ビッグリーグよりレベルの少し落ちる国のリーグに行って、実績を積んでから、ビッグリーグに移籍すべきだ。 』元名古屋グランパスエイトの監督 アーセン・ベンゲルの言葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

某国のノーベル賞コンプレックス

 10月5日は大村智(80)北里大特別栄誉教授がノーベル生理医学賞受賞に決定
 6日は梶田隆章(56)東京大宇宙線研究所教授がノーベル物理学賞受賞に決定Image1
 更に、7日化学賞、8日文学賞、9日平和賞、12日経済学賞などが発表されるでしょうが、これらにも日本人受賞者が予測されているそうです。
 このように世界最高の栄誉であるノーベル賞の科学や物理、医学などの基礎研究分野で受賞者が続きますと、つくづく日本人の底力、優秀性をみる思いです。ところが、ノーベル賞の季節になると目や耳を塞ぎたくなるくらい憂鬱になる国があると聞きます。「日本人」「日本語」「天照大神」「天皇」から侍、日本刀、剣道、空手といった武術・武道関連、歌舞伎や折り紙といった伝統文化、寿司や沢庵といった食文化まで、全てが自国が発祥と主張する国です。
 しかしながら、ノーベル賞の受賞が一回もないのでは「ノーベル賞も我が国が発祥」とはいかないようですから哀れなものです。日本人は元来、自己主張しない国民性が定着しており、外国の著名人からはもっと発信力を高めたらと言われるほどです。
 大村智教授は、「私は人まねはしない、人まねをしたらそこで終わり」、「一、二回失敗しても大したことではない。若い時はとにかく失敗を繰り返しながら、やりたいことをする」と語ったことがヒントでしょう。
  「ノーベル賞」をまだ貰えない国の人に聞かせたいくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

「TPP」は「対中国包囲網」

 5年にわたる交渉の末、「TPP」が10月5日大筋合意し、参加12カ国は貿易活動の自由化を目指すことになり、いずれ関税が撤廃されて、人、金、モノの交流が活発化することでしょう。きっと今後は、入れて欲しいと泣きつく国が続出するはずです。
Tpp_image1_4
 「TPP (環太平洋パートナーシップ協定)」は、当初から日米を中心とする自由貿易圏を作ることによって、「対中国包囲網」の形成が期待されていました。
 近年の中国は覇権的行動を前面に出して、アジアインフラ投資銀行の設立、南シナ海への軍事進出など、経済・軍事両面でアジアは勿論、世界の脅威です。
 このような、中国の台頭に対抗する意味でも価値観を共有する国々によるTPP合意は期待されています。安倍首相も「長期的な安全保障上の大きな意義がある」と語り、菅官房長官も「金、人、モノの交流が自由になることは極めて有意義」と述べ、加盟国は政治・経済・軍事などの面で結束が強化されるはずと、いいことだらけを期待していますが、デメリットも色々言われています。
 そして、対する中国は約13億5千万人、GDPは約9兆4000億ドルです。
 現時点では、「TPP」参加国のGDP(国内総生産)合計は中国より約2.5倍も大きいようですが、人口の合計では中国が約二倍であり、経済は失速しているものの底知れない力を感じさせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

一度の人生なら、笑って暮らそう

 10月5日は朝のテレビで、熊本県上天草市「曹洞宗大悲山 向陽寺」の渡辺紀生住職(68歳)の「ギター和尚の楽しい説法」を紹介していました。Main1_2
 極楽とは極めて楽な所です。
 今すぐ行った方がいいですよ。
 お婆さんが水泳教室に通い始めた。娘さんから「ターンだけは教えないで」と言われたそうです。
 今身に付けている高価なダイヤやルビーはあの世に持って行けません。持って行けるのは胆石だけですよ。札束も持っていけません。札束が詰まった棺桶など見たことがありません。周りにみんな取られてしまうのですよ。
 
このような冗談の合間にも、「今日は皆さんいい笑顔ですね。どうせ一度の人生ならば笑って暮らしなさい。」と説法も忘れていません。つまり多くの凡人は、あの世に持って行けない物に執着し、持って行ける自身の生き様には無頓着な人が多いと言いたいのでしょうか。心したいと思います。
曹洞宗大悲山 向陽寺 住職 渡辺 紀生
  〒861-6102  熊本県上天草市松島町合津2856 
  TEL:0969-56-0200
  FAX:0969-56-0873
  渡辺 紀生   68歳ギター和尚の楽しい説法と弾き語り(1)
  https://youtu.be/aRY1VhB10go

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

マイナンバー制度で税収大幅アップ?

 10年以上前ですが、JRの関係者が「SuicaやPASMOの導入で、キセルなどの不正乗車を防止できた分だけ営業収益が大幅アップした。」と語っていました。きっと、000mn03タッチ&ゴーの自動改札は客も便利だし、経営側も運賃を殆ど把握できるので収益につながったのでしょう。
  さて、マイナンバーがいよいよ明日にも番号が決定します。この制度の狙いは、法人・個人の収入を全て把握して、税収をアップすることが目的と言われていますので、公共交通機関のSuicaやPASMOの導入と似た効果があると期待しています。この制度は、キチンと納税している人にはメリットが大きいのですが、これまで脱税や不正受給に神経を使ってきた人や法人には手ごわいはずです。いずれにしても、正々堂々と生活している人には歓迎されるでしょう。
マイナンバーのメリット
1. 事務手続きの簡素化 2. 扶養控除・配偶者控除の適正化 3. 生活保護の適正
マイナンバーのデメリット
1. なりすましによる不正利用 2. 政府による監視 3. 国内財産が正確に把握
などが指摘されています。
 個人的には、脱税と生活保護費の不正受給防止を期待しています。
 生活保護不正の手口は収入があるのに隠して受給したり、住居を転々して生活保護をダブって申請する実態を聞きますので、重複受給を絶滅できるはずです。
  また、将来的には、電気・ガス・水道などとの連携や、マイナンバーだけで住所変更、更には金融機関、保険料の納付や納税、株式の配当や売却益の納税手続き、パスポートの取得、健康保険証としても使えるようにすることも検討されるはずです。
 勿論ですが、「マイナンバー」はSuicaやPASMO以上に遺失や偽造、番号の管理に配慮が必要なことは当然のことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

VWは不正を三回も警告受けていた

 昔、車に「箱スカ」、「棺桶」、「ダルマ」などのあだ名を付けて遊んだものでしたが、それが現実に000000pn122なろうとは思ってもいませんでした。皆さんも、フォルクスワーゲンをボロクソワーゲンと呼んだ記憶があるはずです。
 今の評価にピッタリと思います。
 独フォルクスワーゲン(VW)が不正に手を染めることになったのは、日本のハイブリッドカーや電気自動車のようです。きっと、燃費が良く環境に優しい車を次々と提供する日本に勝てないと見て、なりふり構わず不正に走り、オウンゴールしてしまった見方が正しいようです。それにしても、不正ソフトを使うと、排ガス検査の時だけ排ガス浄化機能がフル稼働して基準を満たすが、実際の運転時には機能が大きく低下するというから手が込んでいます。きっと、現場の営業マンは知らなかったと嘘ぶくでしょうが、上から下まで組織ぐるみの犯行だったのでしょう。
 その理由は、少なくとも三回警告を受けているからです。
 一回目は、自動車部品のボッシュは2007年、ソフトウェアは販売車両には搭載しないようVWに警告していた。Mexa584l_03
 二回目は、2011年頃には、社内の技術者がディーゼル車の一部で排ガス基準を満たしていないと指摘していた。
 三回目は、EUも2013年にVWの不正を知っていたと言うから、欧州ぐるみの不正であり、このような動きを販売の現場が知らなかったはずは有りえません。
  しかし、その不正を見破ったのは、京都市に本社がある計測器メーカー、堀場製作所のポータブルな自動車排ガス測定器として定番の「MEXA-584Lでした。
  つまり、VWは日本の技術に二度負けたということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

排ガス不正「おもしろおかしく」見抜け

 京都に本社を構える堀場製作所のホームページ に、「エンジン排ガス測Main_picture1199定の分野で世界トップシェアを誇るHORIBA。各国の排ガス規制に対応した製品を早くから提供し、より優れたエンジン開発に貢献してきました。現在では、排ガス計測以外、たとえばエンジン出力をタイヤに伝える駆動系の試験やブレーキの試験など、自動車開発全体に対する各種計測システムの開発・販売にまで事業領域を広げています。・・・・・」とあります。
 失礼ながら、「世界揺るがしたVW排ガス不正、見抜いたのは堀場製作所の小型測定器 」との報道まで、この会社の存在を知りませんでした。この会社は京都市南区吉祥院宮の東町2に本社を構え、日本国内はもとより世界中に展開しています。
 創業者である現最高顧問 堀場雅夫氏は、今年7月14日に90歳でご逝去しています。堀場氏の口癖は、『おもしろおかしく』だったそうで、仕事を楽しめば楽しむほど、人の潜在能力は引き出されると考えた堀場氏は、「おもしろおかしく」という奇想天外な社是を掲げています。VWの排ガス不正を見抜いたのも、社員らの柔軟な感覚だったのでしょう。
 堀場雅夫氏も、「不正は許さん・・・おもしろおかしく見抜け・・・」と草葉の陰で満足していることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サメも人間もエサを求めて侵出する

 地政学的にみたら日本も、ロシア、中国、朝鮮半島に隣接し、けっしImage1_2ていいポジションではありませんが、どう見てもシリアは日本以上に問題が多いところ位置しています。
 「地政学(Geopolitik: ゲオポリティク)」とは、国際政治、軍事戦略上、その国の地形や地理が果たす役割を分析する学問と言われます。「戦争の学問」とされ、戦後の日本でこれを学ぶことはタブー視されているそうです。
 近年、紛争続きのシリアは、イスラエル・レバノン・ヨルダン・イラク・トルコの5か国と陸続きで国境を接しているのですから、火種は消えることはありません。そして、その戦いは複雑で、誰と誰の戦いなのか戦いの原因は何なのか、素人の目には分かり難いものです。
 ただ分かるのは、終わりの見えない内戦は大量の難民を生み続けていること。
 昔からイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、三つ巴の宗教紛争の地であること。
 そこに、米国・英国・ロシア(ソ連)などの大国が関与して騒ぎを大きくしたこと。
 そして、忘れてならないのは、この辺りは石油利権というエサを獲得するため近隣諸国も欧米も、資本家も積極的に関わってきた歴史です。
  今年も日本近海にサメやアザラシが出没していましたが、サメやアザラシだけが単独で勝手に来たのではありません。餌という利権を追い求め、捕食範囲の拡大という縄張りを広げにやってきたのです。

2015102image2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

「フォルクスワーゲンよお前もか」

ブルータスよお前もか」とは、ローマ時代の末期、カエサル(シーザー)が暗殺されるとき、暗殺者の中に信頼していたブルータスを見つけて発した言葉とされます。Vw_image2
 トヨタ車と世界一を競うドイツのフォルクスワーゲン(VW)には、世界中のユーザーが全面的に信頼していたはずです。きっと、今回の不正を知ったとき、ユーザーのみならず、多くの人が「フォルクスワーゲンよお前もか」と叫んだはずです。
 フォルクスワーゲンというのは「国民車」という意味もありますが、日本と並ぶ技術立国「ドイツ」のブランドイメージは地に落ちてしまうのでしょうか。
 今回の排ガス規制逃れのソフトは、検査のときだけ排ガスが軽減される「装置」を車に取り付けたというから手が込んでいます。そこまでの技術があるなら、もっと安全面に神経を使えと言いたくなります。
 既に販売された車種で、不正があったのは「ゴルフ」「ビートル」「ジェッタ」「パサート」「アウディA3」という主力車種ばかりで、世界中で千百万台も販売したといいます。この車に搭載したソフトウェアを作ったのは、自動車部品メーカー・ボッシュで、車両への搭載は違法だとしてVWに2007年、書面で警告していたというからVWは悪質です。
 謝って済む話しではありません。
 この会社には、コンプライアンス(法令遵守)という言葉はあったのでしょうか。
 とにかく、いつかはVWの「アウディA3」辺りのハンドルを握りたいと憧れていましたが、当分は日本車の軽自動車で十分と気持ちを切換えました。

S_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »