« 純粋の日本人に頑張って欲しいが! | トップページ | 本当に戦争法案なら全力で反対します »

2015年9月25日 (金)

介護離職0より介護職員離職ゼロを

 それでなくても介護の現場は、「3K(危険、きつい、汚い)+低賃金00001_r離職者多い」と言われ、特別養護老人ホーム(特養)の増設だけで問題が解決するはずがありません。「家族の介護のために仕事を辞める離職者ゼロ」が目標ではなく、まず「介護職に従事する人の離職」問題を如何にするかが先決のはずです。
 それには職員の待遇改善が喫緊の課題です。
 安倍首相は新3本の矢として、
 ①希望を生み出す強い経済、
 ②夢を紡ぐ子育て支援、
 ③安心につながる社会保障──で、「介護離職ゼロ」のほか、出産を望む女性のみを対象に算出する希望出生率を1.8まで引き上げる目標などを打ち出しました。
 しかし、特養を増設して「介護離職ゼロ」目標は、簡単には理解出来ません。
 介護離職ゼロを目指すために、寝たきり状態など重度の要介護者が長期入所できる「特別養護老人ホーム」を増設するとしています。
 しかし、「増設だけでは意味ない。職員が働きやすい環境を整えることが先」、「求人倍率は2.68倍だが平均賃金より10万円も低い」ようでは、いい人材が集まるはずがありません。よって国は、 「足りないのは施設ではなく介護職員」であることを念頭に、職員の待遇改善を根本から検討することです。それから、介護のような誰もが至る過程である「人の不幸で金儲けする」魂胆を一掃することです。
 尤も、経営者にすれば人件費を削ることが利益を上げる早道なのでしょうが・・・・・

|

« 純粋の日本人に頑張って欲しいが! | トップページ | 本当に戦争法案なら全力で反対します »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/61760853

この記事へのトラックバック一覧です: 介護離職0より介護職員離職ゼロを:

« 純粋の日本人に頑張って欲しいが! | トップページ | 本当に戦争法案なら全力で反対します »