« JAPAN CLASS 控えてくれよニッポン | トップページ | 「フォルクスワーゲンよお前もか」 »

2015年9月30日 (水)

安倍首相は安保理改革を提案!

 国連憲章には、未だに日・独・伊などに「敵国条項」があったり、常任理事国(P5)の000000e7うち1国でも反対すれば何も決定できなかったり、国連の事務総長が「抗日戦争勝利70年」式典に出席し中立性が疑問視されたり、日本とドイツは国連拠出額が2番目と3番目に多い国なのに地位が低いなどの多くの問題が指摘されています。いずれにしても、国連が設立された1945年当時は、中華人民共和国も露西亜も無かったのだから、国際情勢は大きく変化していることは事実です。
 さて、安倍首相は9月29日、国連総会で演説を行い「国連を21世紀にふさわしいものとするため、安保理改革を行い、安保理常任理事国として、世界の平和と繁栄に一層の貢献をする責任を果たしていく」と述べたほか、PKO活動を拡充する安全保障関連法が成立したことから、「日本がこの先、PKOにもっと幅広く貢献できるよう、法制度を整えた」とPKOへの積極的貢献の方針をアピールしました。「PKO貢献」や「難民支援」などの国際貢献は、「安保理常任理事国入りを目指す日本」としては、これらをワンセットと判断してのことでしょう。
  安全保障関連法案の審議中は、これらをもっと議論して欲しかったのですが、野党は挙って「戦争法案」、「徴兵制復活」などと的外れのレッテル貼りに終始し、それが、マスコミや一部国民に広がっていました。
 しかし、法案が成立すれば、土日に数十人程度の集会が行われた以外は静かなもので、結局は熱しやすく冷めやすい日本人の特性をハッキリ見せただけでした。日本が一番苦手な分野とされる「国連平和維持活動」ですが、安全保障関連法が成立したことから活動の幅が拡充されると国際社会から期待されています。

|

« JAPAN CLASS 控えてくれよニッポン | トップページ | 「フォルクスワーゲンよお前もか」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/61834013

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相は安保理改革を提案!:

« JAPAN CLASS 控えてくれよニッポン | トップページ | 「フォルクスワーゲンよお前もか」 »