« 洪水で流されない『ヘーベルハウス』 | トップページ | 戦争反対と叫びつつ暴力振るう矛盾 »

2015年9月16日 (水)

存立危機事態という厳しい縛りがある

 まずは、存立危機事態という厳しい縛りがあることと、日本は高度に発達した民主主義国Image1家であることを信頼すべきです。
 国会前には連日、安保法案に反対し「戦争反対」などと平和的な言葉を叫ぶが、言うことと逆に警察に体当たりなど暴力的で戦うことが好きな人達が押し寄せています。
 「集団的自衛権の行使」は、あくまで日本の存立が脅かされ、国民に明白な危険が迫ったときと厳しい縛りを付けると説明しているのに、全く聞く耳を持たない野党やマスコミ、マスコミに煽られた国民、組合系が多いようです。このような方々は元々が、憲法9条だけ支持、天皇制反対、自衛隊は違憲、日米安保反対、米軍基地反対などの立場で、国や警察とは戦うことが好きな皆さんでしょう。本来なら反対派は「日米安保反対、自衛隊解散」などの立場で戦うべきなのに、それには絶対に触れませんから中途半端集団、「根性なし集団」に見えます。
  「存立危機事態」とは、集団的自衛権を行使する際の三つの条件の一つで、「我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な0000546600921危険がある事態」とあります。このような事態に陥っても、自衛隊が何もできないなら、国民もろとも本土決戦以外にありません。
 その際は、私も武器を持って戦うつもりですが、武器所有は禁止なので、我が社に武器になりそうなものは、チェンソーかノコギリ程度です。スイスのように国民皆兵制で一軒一軒に機関銃やライフル銃を備える国ではないのですから、防衛は自衛隊にお願いする以外にないのです。それには国民としては、手かせ足かせの法律を多少でも整備してあげることは喫緊の課題です。それなのに日本の転覆を謀るには、日本が弱いままでいて欲しい、或いはマスコミに踊らされている、自衛隊や警察、海上保安官などを「暴力装置」と決めつけ、彼ら隊員などの命など何とも思っていない反対派です。自衛隊員の命が心配などと歯が浮いたような言葉など「御為ごかし」もいいところでしょう。
00000pii2015_0000t

|

« 洪水で流されない『ヘーベルハウス』 | トップページ | 戦争反対と叫びつつ暴力振るう矛盾 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/61630745

この記事へのトラックバック一覧です: 存立危機事態という厳しい縛りがある:

« 洪水で流されない『ヘーベルハウス』 | トップページ | 戦争反対と叫びつつ暴力振るう矛盾 »