« 日本で「○○の父」と讃えられる方々 | トップページ | 立川市内の自社賃貸物件紹介 »

2015年9月20日 (日)

法案成立の裏で「民主のセクハラ」

 これは、民主党・津田弥太郎(やたろう)議員によるセクハラ・暴行事件で0000ou5ojceす。
 どう見ても、偶発的な犯行ではありません。国民の模範であるべき国会議員がこれでいいのでしょうか。
 計画的と思われるのは、
 佐藤正久議員が、民主党歴代代表は集団的自衛権を容認していたことを暴露した時、佐藤議員の側でフリップを持っていた女性が山形選出の大沼瑞穂議員です。これを津田弥太郎なる婦女暴行、暴漢議員は逆恨みして、狙って「やったろう」と見られています。
 これが、口先では平和・平和・平和とお題目を唱える人達000094e0bの恐ろしい正体です。
 理事会室を野党の女性議員で封鎖する逮捕監禁事件も含め、まったく、お恥ずかしい話しです。
津田弥太郎暴行・大沼瑞穂議員負傷
 
9月17日、参院平和安全法性特別委で、自民党の大沼みずほ議員が民主党の津田弥太郎議員から引き倒され暴行・傷害を受ける、という暴力的セクハラ事件が起きた。 大沼瑞穂議員・自民党側は告訴も念頭に検討しているとのこと。

津田 弥太郎(やたろう) 1952年生まれ  岐阜県大野郡生まれ
1976年に全金同盟(現在のJAM)に入局以来、中央・地方で組合づくり、
雇用問題対策、 青年活動などに携わる、組合運動のプロとして、『仲間』と『職場』、 そして『家族』をからだを張って守ってきた燃焼系。 2004年7月、第20回参議院選挙において、比例区で初当選。 2010年7月、第22回参議院選挙において、比例区で再選。現在2期目。 参議院厚生労働委員会筆頭理事、参議院予算委員会理事、参議院厚生労働委員長、厚生労働大臣政務官などを歴任。

|

« 日本で「○○の父」と讃えられる方々 | トップページ | 立川市内の自社賃貸物件紹介 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/61678842

この記事へのトラックバック一覧です: 法案成立の裏で「民主のセクハラ」:

« 日本で「○○の父」と讃えられる方々 | トップページ | 立川市内の自社賃貸物件紹介 »