« 日本を空から護る「空自の力」 | トップページ | 己の欲せざる所を人に施すこと勿かれ »

2015年8月 1日 (土)

安保法制は『巧遅は拙速に如かず』

  「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)にしかず」という格言があります。
 完璧でなくとも、「仕事が早い」にこしたことはないという意味で使われています。
 実は、この言葉を最近まで孫子の兵法の一節と知らずに、「報告・連絡・相談は巧遅より拙速」、或いは「仕事は巧遅より拙速」などと使っていました。
  先般、国会の集団的自衛権・安保法制の参考人質疑で、静岡県立大学グローバル地域センター特任教授の小川和久氏が、法整備の必要性を「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)にしかず」という孫子の兵法の一節を引用していました。
 下段の動画では、4分35秒辺りからです。
 そして、最後に語っていました。
 「自衛隊・海上保安庁・警察が戦う相手はフリーハンドだ!、彼らの手足を縛らない欲しい。」と強く説いていることに感激しています。
 これこそ、「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)にしかず」です。
 更に、小川氏は世界中の軍隊の活動は、最低限の禁止規定(ネガティブリスト)で戦うのに対し、自衛隊は根拠規定(ポジティブリスト)の中にある現状を嘆いています。
 これこそ、隊員を危険に晒していることに気付かないのでしょうか。
 集団的自衛権・安保法制は、多少粗さがあっても「巧遅より拙速」です。
【集団的自衛権・安保法制】
 小川和久「自衛隊や海保の手足を縛るな!相手はフリーハンドだ 」 https://youtu.be/vxMrpqa63Xo    

■国会 マスコミが報道しない日米同盟の本質と役割 小川教授
 最新の面白い国会中継 https://youtu.be/_0qhTd_atUM

|

« 日本を空から護る「空自の力」 | トップページ | 己の欲せざる所を人に施すこと勿かれ »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60974972

この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制は『巧遅は拙速に如かず』:

« 日本を空から護る「空自の力」 | トップページ | 己の欲せざる所を人に施すこと勿かれ »