« Tの字は誰が書いても似てしまう | トップページ | 拉致は粘り強く何年待てばいいの? »

2015年8月 7日 (金)

謝るなら徹底して相手が受入れるまで

 昔から、「過ちては改むるに憚ること勿れ」と言われ、戦後の日本は東南アジア諸国や中韓にも、幾度も謝罪と賠償を続けてきたと思います。しかし、 「小人のPhoto過つや、必ず文(かざ)る」 とも言い、過ちを改めることができず言い訳の声があることも現実です。
 その言い訳の一つが、「植民地支配は欧米列強の白人社会が先で、数百年にも亘って有色人種から搾取を続けて来たのだから日本も・・・・・」という理屈です。これでは正に、自らの過ちを改めず、「植民地支配は皆がやってた」などと、開き直りに過ぎないと見られています。
 「侵略」の定義は定まっていないようです。
 特に、かつて有色人種の支配者だった欧米(白人)は、「一度頭を下げてしまうと、際限のない譲歩を強いられる」との考えから、「自分が本当に悪かった場合でも謝罪しない」というスタンスのようです。しかし、この考えは日本人には合わないと思ったからこそ、戦後の日本社会は侵略と認め、謝罪と賠償を続けてきたはずです。
 戦争で日本は、「完膚無きまで」徹底的に打ちのめされたはずでした。
 ところが、原爆2発投下など徹底的にヤラレテも日本の復興と発展はすざましく、この程度の謝罪では足りないと近隣諸国は思っているのでしょう。 戦後70年の今年、日本はいつまで謝罪を続ける必要があるのかとの疑問に、中曽根元首相は「民族が負った傷は100年は消えぬものと考えなければならない」とコメントしています。まず、謝罪は徹底して相手が受入れるまで行う以外にないのでしょう。安倍首相の「戦後70年談話」でも、村山談話以上の「痛切な反省と謝罪の言葉」を語ってこそ評価されるはずです。もちろん、戦後の日本は「全く異なる国に生まれ変わった」ことを強調して欲しいものです。
 尤も、何を言ってもイチャモンを付ける国があるのは間違いないはずです。

|

« Tの字は誰が書いても似てしまう | トップページ | 拉致は粘り強く何年待てばいいの? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/61065484

この記事へのトラックバック一覧です: 謝るなら徹底して相手が受入れるまで:

« Tの字は誰が書いても似てしまう | トップページ | 拉致は粘り強く何年待てばいいの? »