« 日本は今も集団的自衛権行使中 | トップページ | 調布市の小型飛行機墜落現場 »

2015年7月26日 (日)

初物は西向いて笑いながら食べる

0000map_area4 折から7月26日は、日本テレビで「遠くへ行きたい」(6:30~7:00) 西岡徳馬20150721154752423_000世界が認めた食の理想郷」山形県 鶴岡市~酒田市を放送していました。
 その、山形県酒田市出身の友人から、初めて見る巨大な長瓜「夕顔」を頂戴しましたが、初物であり西を向いて笑いながら食べました。
 庄内地方では、「ゆがお」と発音するそうです。
 ウリ科で、夕方に白い花が咲き、翌朝には萎むことからこの名が付いたそうですが真偽のほどは不明です。長さ約70㎝で太もものような巨大な野菜で、冬瓜(とうがん)よりは三倍位の長さがあります。殆ど味がなく、触感はツルッとして柔らかく、とろける触感で高齢者向きの食べ物です。濃い味に慣れた人は、あっさりし過ぎて淡白な味と感じるでしょう。我が家では、油で炒めてからニンニクやシソの葉で味付けしたり、味噌汁の具にしてみました。Yugao
 味噌汁は厚揚げと一緒にしました。
 きっと、豚肉との煮物やあんかけにしても美味しいはずです。
  頂戴するとき、「冬瓜(とうがん)と兄弟のようなものでしょう」と聞いていましたが、優しい味は誰でも安心して食べることが出来る食材と思います。東京界隈で売っていないのが不思議です。
 ちなみに、「初物は西を向いて笑いながら食べる」の意味は、「こんな美味しい初物を先に食べれたことを、西(関西)に向けて自慢する」であり、逆に「初物は東を向いて笑いながら食べる」は、関西の人が「東(関東)に向けて自慢すること」と言われるようです。
 先日、秋篠宮ご一家もプライベートで訪れた食の理想郷、食の都.と言われる庄内地方の人達は、毎日のように西(大阪や東京)を向いて笑っていることでしょう。
■「食の都 庄内」PR映像    https://youtu.be/LPGX3XVZc1M  

■「夕顔」のレシピ
瓜(巨大きゅうり)のニンニク味噌炒め
    http://cookpad.com/recipe/1563923

|

« 日本は今も集団的自衛権行使中 | トップページ | 調布市の小型飛行機墜落現場 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60888914

この記事へのトラックバック一覧です: 初物は西向いて笑いながら食べる:

« 日本は今も集団的自衛権行使中 | トップページ | 調布市の小型飛行機墜落現場 »