« 日本を海から護る「海自の力」 | トップページ | 安保法制は『巧遅は拙速に如かず』 »

2015年7月31日 (金)

日本を空から護る「空自の力」

 「憲法9条が日本を護っている」という幻想と現実逃避が数々の危Image機を招いてきたと言われています。隊員の手足を縛るだけの「憲法9条」は、隊員だけでなく日本国民を危険に晒しているのです。しかし、世界に誇れる素晴らしい日本の技術と自衛隊員の能力の高さが、「自衛隊の力」に集約されていると見ることが出来るのでしょう。
  間もなく、ゼロ戦の遺伝子を受け継ぐ国産ステルス戦闘機「F3=心神」の初飛行が噂されています。心神に搭載された日本製のエンジンは、米の1/3程度の大きさでほぼ匹敵するパワーを搾り出するというから、どのような飛行を見せるか楽しみなことです。
空自の力 https://youtu.be/HKocuAMvJpk

|

« 日本を海から護る「海自の力」 | トップページ | 安保法制は『巧遅は拙速に如かず』 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60897202

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を空から護る「空自の力」:

« 日本を海から護る「海自の力」 | トップページ | 安保法制は『巧遅は拙速に如かず』 »