« 国民をミスリードしてないかマスコミ | トップページ | メリットとリスクは同時に検討が必要 »

2015年7月19日 (日)

「白菜キムチ」誕生の面白い秘話

 キムチ誕生には、意外な秘密が隠されていることを、この動画で知りました。
 朝鮮半島生まれと言われる「白菜キムチ」が好きな日本人は多いと思います。
 我が家でも、納豆にキムチを少し混ぜたり、鍋物に入れたり重宝しています。
 しかし、朝鮮半島の昔からのキムチは、現在、材料として使われている白菜、唐辛子は半島に存在していなかったため、主に大根を使った白いキムチだったそうです。
 つまり、現在のような白菜や唐辛子などキムチに欠かせない食材は、日本や中国から伝えられものもので、日本人の舌に合わせて作らせたのだそうです。
 「本場のキムチはもっと美味しいはず!」などと思ってはいけません。
 日本人の口に合わせて、日本で売られているキムチだから美味いのです。 
 動画を見てから、「キムチが嫌いになった」などと言わないようにお願いします。
 
第11話 日本人とキムチのルーツ【CGS ねずさん   https://youtu.be/vK25NwMe4Bg  

|

« 国民をミスリードしてないかマスコミ | トップページ | メリットとリスクは同時に検討が必要 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60607514

この記事へのトラックバック一覧です: 「白菜キムチ」誕生の面白い秘話:

« 国民をミスリードしてないかマスコミ | トップページ | メリットとリスクは同時に検討が必要 »