« 立川市の「ヤギ」は面白い企画です | トップページ | 平成27年6月中のブログ更新状況 »

2015年6月30日 (火)

ギリシャには中国やロシアが接近?

 「アリとキリギリス」のイソップ寓話から、「人間はアリのようにコツコツ働くことが00000000003_31f大切。キリギリスのようにグータラでは必ず失敗する」などと貯蓄型や浪費型に分類したり、喫煙者はキリギリスタイプが多く、禁煙者はアリタイプが多いなどと面白可笑しく語られています。そして、ギリシャの金融危機から、ドイツ人はアリで、ギリシャ人は怠け者のキリギリスと、やや偏見に満ちた分類も目に止まります。
 実際は付き合いはないので未確認のことですが・・・・
  さて、ギリシャは今日30日返済期限の国際通貨基金(IMF)融資16億ユーロ相当を返済を行わない見通しで、金融不安は世界に広がっています。この財政危機は、単に一国の問題にとどまらず、欧州と世界を震撼させる問題に発展していると言いますから、経済音痴の小生も心配しています。
  ギリシャという国には、エーゲ海の美しい島々、考古遺跡などの世0000000greece_ol_map界遺産、古代オリンピック発祥地、明るく陽気なラテン系国民性などの観光PRから良いイメージがあったのですが、金融危機という現実問題から国際的評判は最悪です。
  困ったことは、
 ギリシャがユーロ圏の欧州連合(EU)から離脱すれば、ロシアや中国が接近する可能性も高く、NATO(北大西洋条約機構)のメンバーでもあることから安全保障問題に大きく影響すると言われます。それにしても、その地域の位置や気候風土、歴史などが育むとされる国民性とは恐ろしいものですね。仮に、ギリシャのエーゲ海の島を日本が購入し財政を助けつつ、そこに日本人が住み始めたら、やはりキリギリスタイプに変貌するのでしょうか。

|

« 立川市の「ヤギ」は面白い企画です | トップページ | 平成27年6月中のブログ更新状況 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60563456

この記事へのトラックバック一覧です: ギリシャには中国やロシアが接近?:

« 立川市の「ヤギ」は面白い企画です | トップページ | 平成27年6月中のブログ更新状況 »