« 民主・後藤議員、今度は運転手を追及 | トップページ | 宝永の富士大噴火を伝える「多摩信」 »

2015年6月 5日 (金)

2016年サミットは「伊勢・志摩サミット」

 安倍首相はドイツ開催のG7サミットに出発直前の5日夕方、来年の主要国首脳会議(サミット)は「伊勢・志摩サミットです」と発表しました。決定は、離島という警備の優位性と外国人旅行者の大幅増加を見込んだ経済波及効果の期待でしょうか。Entry_img_69
 2016年のサミット会場は、仙台市、新潟市、軽井沢町、浜松市、名古屋市、志摩市、神戸市、広島市の8市町が名乗りを挙げていましたが、5月末に仙台・志摩・広島の三市に絞られ、そして、最終的には三重県 「志摩市」にShimakosan_hp決定しました。
 「志摩市」開催は、「国際的な集客可能な場所としてブランドアップと情報発信、経済効果が大きい」と大口秀和市長が語っていました。
  安倍首相は、「日本の美しい自然と豊かな文化、伝統を世界のリーダーに肌で味わってもらいたい」と語っています。この決定で伊勢・志摩の知名度を飛躍的にアップさせ、訪日する外国人旅行者も大幅な増加が見込まれますので、決定の背景には経済的波及効果と、警備の優位性という「」を選んだことを伺わせています。
 会議は志摩市賢島(かしこじま)の「志摩観光ホテルクラシック」を予定のようです。
 きっと、志摩市の皆さんも、ゆるキャラ「しま子さん」も喜んでいることでしょう。
 なお、会議会場予定の「志摩観光ホテルクラシック」は、6月8日から耐震補強と改装工事のため約1年間休館のようです。

|

« 民主・後藤議員、今度は運転手を追及 | トップページ | 宝永の富士大噴火を伝える「多摩信」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60264768

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年サミットは「伊勢・志摩サミット」:

« 民主・後藤議員、今度は運転手を追及 | トップページ | 宝永の富士大噴火を伝える「多摩信」 »