« 日米開戦は、アメリカが仕掛けた | トップページ | 「家族団らんが一番幸せな時」 »

2015年6月19日 (金)

天皇皇后両陛下の“奥の細道”

 天皇皇后両陛下は6月17、18日、私的な旅行で「北のパラオ」とも呼ばれている宮城県蔵王町北原尾(キタハラオ)と山形県を訪問されました。000e5_3
  18日は東根市の果樹園を訪れ、サクランボの収穫を体験されたり、河北町の紅花資料館を訪問し、ベニバナの栽培を見学されました。
 紅花見学では、50年ぶりの再会があったそうです。
 約50年前、米沢市立第二中学校の「紅花研究クラブ」の生徒が、1963年日本学生科学賞の学校賞1位を受賞したことを知った皇太子妃時代の皇后様が、東宮御所で紅花を植えてもらおうと、同校の生徒ら4人を招いた経緯があったとのことです。
 きっと思い出話しに花が咲いたことでしょう。
  ところで、“奥の細道”を旅した松尾芭蕉は、1689年(元禄2)、旧暦5月27日(現在の7月13日)尾花沢から立石寺に向かう途中で、Image1
 「まゆはきを 俤にして 紅粉の花」、
 「行く末は 誰が肌ふれん 紅の花
 と詠んでいます。
 「紅花」は江戸時代も山形の特産でしたが、高価な京紅の原料となっていたことから、藩の御用作物として栽培され、紅花を育てて摘む貧しい娘たちが使うことは禁じられていました。
 「行く末は誰が肌ふれん紅の花」には、そんな悲話が隠れているのです。
 天皇皇后両陛下は、今回の旅で、どのような御歌を詠まれるのでしょうか。Basho_000

|

« 日米開戦は、アメリカが仕掛けた | トップページ | 「家族団らんが一番幸せな時」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60435080

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下の“奥の細道”:

« 日米開戦は、アメリカが仕掛けた | トップページ | 「家族団らんが一番幸せな時」 »