« 新国立競技場は屋根無しで満足? | トップページ | 国立市「大学通りに公共ベンチ」 »

2015年5月20日 (水)

国立市のニュース「マンション訴訟」

 国立市議会は昨日5月19日、「マンション建設訴訟」で、元・上原公子市長に対して、損00002006040害賠償約3120万円を請求する請求権行使の決議案を、賛成多数で可決しました。
 ようやく「決められる国立市」になったようです。
 先般の市議選で、佐藤市長を支える議員は何名なのか気になっていましたが、今回の決議で、佐藤市長派13人、反対派は9人と色分けされていることがほぼ分かりました。
 この「マンション建設訴訟」は、裁判も市民運動も揺れ動いた経緯がありましたが、それは常に市議会の勢力図が背景にあったように見えます。
 なお、同マンション建設開始後に、上原公子市長当時の国立市は建物の高さを制限する条例を施行したことで、これに対して多くの国民・市民からは「後出しジャンケン、後出し条例」と批判されていました。
  憲法第39条(法律不遡及の原則)には、
 「何人も、実行の時に適法であった行為又は既に無罪とされた行為については、刑事上の責任を問われない。又、同一の犯罪について、重ねて刑事上の責任を問われない。」とあります。よく護憲・護憲と騒ぎますが、これは何だったのでしょう。
追記
 「反対派の人数が新聞記事と矛盾していませんか?自民党から議長が出たので、残り21人のうち13人が賛成、8人が反対だと思います。」
 とコメントがありました。
 その通りと思います。
 ご指摘有難う御座います。

 この記事は、平成27年5月20日付けの読売新聞・多摩版のコピーです。

2015520

|

« 新国立競技場は屋根無しで満足? | トップページ | 国立市「大学通りに公共ベンチ」 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

反対派の人数が新聞記事と矛盾していませんか?
自民党から議長が出たので、残り21人のうち13人が賛成、8人が反対だと思います。

投稿: | 2015年5月20日 (水) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60065626

この記事へのトラックバック一覧です: 国立市のニュース「マンション訴訟」:

« 新国立競技場は屋根無しで満足? | トップページ | 国立市「大学通りに公共ベンチ」 »