« そこまで言って委員会NP 5/17 | トップページ | 新国立競技場は屋根無しで満足? »

2015年5月18日 (月)

大阪は復活のチャンスを失した?

 「逃がした魚は大きい」と言われ、一度はチャンスがあったのに失ったものは、素晴らしく見える可能性もあります。00004c8
 さて、人物の好き嫌いは別にして、橋下徹・大阪市長ほど、発信力・企画力・突破力・行動力・統率力を兼ね備えた政治家は稀有の存在でしょう。日本の多くの政治家は、極めて重要なことに対してウヤムヤな玉虫色や、どっちにも取れそうな、その場しのぎの言動で逃げる傾向が強い中で、タブー視される憲法、原発、日教組、偏向教育、偏向報道、いじめ問題、労働組合、慰安婦問題、カジノ誘致、生活保護、同和問題、ヘイトスピーチ等々に逃げないでハッキリとものを言う姿勢が評価されていました。
 当然ながら、矛盾をズバリ指摘されたり、対案を持たない政治家や評論家、教育関係者などのインテリ層や、既得権益の恩恵をタップリ受けていた関係者からは強い批判を受ける結果になっていました。しかし、橋下氏の“喧嘩上等”と言わんばかりの戦う姿勢に「同感だ」と溜飲を下げた市民・国民も多かったはずです。
 それが今回の半数近い賛成結果でしょう。
  「都構想」は僅差で否決され、橋下市長は政界からの引退を宣言しました。
 孤軍奮闘の橋下氏は、組織力のある「自民、民主、共産・公明」の包囲網を突破出来なかったとの反省の弁でしたが、同時に稀有の政治家を失ったことになります。
  勿論、「大阪都構想」がいいのか、「現状維持」がいいのかは、現時点では誰も結論付けることは出来ないはずですが、一国民から見て、大阪は都市としての競争力を高めるチャンスを失したように見えてなりません。
 今回どうにか信任された形の「自民、民主、共産・公明」ですが、地盤沈下著しいと言われる大阪の立直しに向けての課題は多いはずです。
  橋下徹氏は自らを評して、政治家としての人望・人徳が不足していると認めていましたが、これらを全て備えた完璧な政治家など簡単には育たないはずです。よく、「長所を伸ばせば短所は消える」と言われますが、是非、得意分野を自信を持って伸ばし続けて、不足と認めるところを補って復活して欲しいものです。
 尤も、これだけの人材を心ある人達がほっぽいて置くはずがありません。

|

« そこまで言って委員会NP 5/17 | トップページ | 新国立競技場は屋根無しで満足? »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/60041537

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪は復活のチャンスを失した?:

« そこまで言って委員会NP 5/17 | トップページ | 新国立競技場は屋根無しで満足? »