« 天皇陛下はパラオ訪問をなぜ選んだか | トップページ | 更なる建築技術の向上と継承に努力 »

2015年4月 9日 (木)

両陛下の南方戦地「慰霊の旅」に想う

 戦後70年の「慰霊の旅」として、天皇皇后両陛下は8~9日、大東亜Img_4141戦争の激戦地、西太平洋のパラオを訪問しておられます。パラオのペリリュー島では激しい地上戦が行われ日米合わせて約1万2000人以上が戦死されました。
 今回は両陛下の長年の熱望で実現した慰霊の旅。
 昨日は海上保安庁の巡視船「あきつしま」に宿泊され、今日9日にはヘリコプターでペリリュー島に渡り、「西太平洋戦没者の碑」などを訪問されます。
 ご健康面などの事情が許すことなら、船舶とヘリを利用したこのSensi_000方式で、ニューギニアやガダルカナル島方面まで足を延ばして頂くことは出来ないものかと想ってなりません。今回のご訪問ではミクロネシア連邦とマーシャル諸島の大統領夫妻とも懇談されたようなので、理解を得られることでしょう。
 「この島を訪れる、もろもろの国の旅人よ。あなたが日本の国を通過することあらば伝えてほしい。「此の島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を想うその心境を……」「米太平洋艦隊司令長官 C.W.ニミッツ

■誇リ高キ大日本帝国 「日本とある国のお話
  https://youtu.be/5s7prx1Uh-Q

|

« 天皇陛下はパラオ訪問をなぜ選んだか | トップページ | 更なる建築技術の向上と継承に努力 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天皇陛下はパラオ訪問をなぜ選んだか | トップページ | 更なる建築技術の向上と継承に努力 »