« 立川駅に一番線ホームが復活していた | トップページ | ややこしい「美容師と理容師」 »

2015年4月20日 (月)

意外?「選挙と交通安全運動」

 「統一地方選挙」と「交通安全運動」を重複実施しないのは、27haru_poster_lite両方を企画する国の機関が同じだからこそ配慮しているはずです。
 例年なら、今日あたりは「春の全国交通安全運動」の終盤のはずですが、今年は5月にスライドしています。その理由は、統一地方選挙の年だからと、先日、「今年の4月は全国交通安全運動はナゼ中止 」とお知らせしました。それでは、選挙の投票日や交通安全運動の期間を決定する国の機関はどこでしょうか。
  それは、いずれも「総務省」です。
 多くの国民には、全国交通安全運動は警察の行事と思われていますが、実は総務省が日程などを決定し、関係機関や団体に協力を求めている行事と聞きます。
 「総務省」は、
 国の行政制度・運営、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政事業など、国家の基本的仕組みに関わる諸制度、国民の経済・社会活動を支える基本的システムを所管し、国民生活の基盤に広く関わる行政機能を担う省であり、
 「総務省」のホームページで「春の全国交通安全運動」に関して、
 「本運動の期間は、統一地方選挙の実施に伴い第2(※5月)に掲げる期間とするが、4月は新入学(園)の時期であるため、この機を捉えた新入学児童(園児)に対する交通安全教育,街頭指導等についても十分配意するものとする。」
 とありますが、5月にスライドさせる詳しい理由までは記載されていません。
 しかし、
 交通安全運動の広報カーと選挙運動の街宣カーが街頭でバッテングして無用の問題が起きる可能性を防ぐことや、候補者や関係者が交通安全運動を利用して選挙運動をすることも考えられます。他にも、交通安全運動中には多くの制服警察官を街頭に配置することで、公平な選挙運動に無言の圧力がかかることを避けることもあるはずです。いずれにしましても、同時に実施しては国民の負担となるとする総務省の配慮でしょう。

今年の4月は「全国交通安全運動」ナゼ中止(2015年4月 7日 )
平成27年春の全国交通安全運動推進要綱
  http://www8.cao.go.jp/koutu/keihatsu/undou/h27_haru/youkou.html
1.運動期間 平成27年5月11日(月)から20日(水)までの10日間
2.交通事故死ゼロを目指す日 5月20日(水)
全国交通安全運動の主催
 内閣府,警察庁,総務省,法務省,文部科学省,厚生労働省,農林水産省,経済産業省,国土交通省,防衛省,都道府県,市区町村,自動車検査独立行政法人,独立行政法人自動車事故対策機構,独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構,自動車安全運転センター,軽自動車検査協会, (一財)全日本交通安全協会,(公財)日本道路交通情報センター,(一社)全日本指定自動車教習所協会連合会,(一社)日本二輪車普及安全協会,(一社)日本自動車連盟,(公社)日本バス協会,(公社)全日本トラック協会,(一社)全国ハイヤー・タクシー連合会

|

« 立川駅に一番線ホームが復活していた | トップページ | ややこしい「美容師と理容師」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立川駅に一番線ホームが復活していた | トップページ | ややこしい「美容師と理容師」 »