« 珍木「ハンカチの木」に花が咲いた。 | トップページ | そこまで言って委員会NP2015.4/26放送 »

2015年4月26日 (日)

「国立市の歌」があると知った。

000000000iop 先日、所用で国立市役所を訪問しますと庁舎西側に、昭和42年に長友貞雄作詞、水野隆司作曲による「国立市の歌」を刻んだ石碑に気付きました。
 一度も歌ったり聴いたことがありませんので、もっともっと、アピールしたらと思いました。市や小・中学校の行事などで歌われているのでしょうか。
 曲などを知りたいと思いユーチューブで検索しますと、
 「鈍色の国立」<作詞:進藤良輔、作曲・歌:平川文博
 が検索されました。
 つい、この歌のほうを聴き入ってしまいました。
 なぜでしょうか。
Kunitachi_00012

国立市の歌http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/shokai/006546.html
        長友貞雄作詞、
        水野隆司作曲
1 むさし野の はてなんところ
  村つくり いく代かを経て
  あたらしき まちは生まれぬ
  おおいなる歴史のなかに
  われらの国立 平和のまちよ
2 巷には ひかりあふれて 
  まちびとの 心あかるく
  ゆるぎなき 誓をまもる
  ひらけゆく 世界に立ちて
  われらの国立 自由のまちよ
3 ふかみどり 松の林や 
  塔高く 鐘のひびきて
  おごそかに真理を伝う
  かがやける 文教の地に 
  われらの国立 理想のまちよ
Image3

鈍色の国立<作詞:進藤良輔、作曲・歌:平川文博
  https://youtu.be/b5aXcVsEFNo

|

« 珍木「ハンカチの木」に花が咲いた。 | トップページ | そこまで言って委員会NP2015.4/26放送 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珍木「ハンカチの木」に花が咲いた。 | トップページ | そこまで言って委員会NP2015.4/26放送 »