« 意外?「選挙と交通安全運動」 | トップページ | 国立市の「大日如来」と「大日建設」 »

2015年4月20日 (月)

ややこしい「美容師と理容師」

 散髪ぐらい縄張り争いを排除して利用客の利便性を最優先して欲しいものです。Image1

  先日、1000円カット店の床屋を利用しますと、襟足などをカミソリで剃りながら、「うちは理容師免許の店なのでカミソリを使えます」と自慢げに語っていました。
 美容師と理容師の大きな違いは、理容師はカミソリを使えることと聞きます。
 近年は、1000円カットの床屋さんが多くなりましたので、このような店で仕事の合間に短時間でカットしてもらっていますが、資格は美容師でも理容師でも、個人的にはどちらでもいいと思っています。
 さて、だいぶ以前ですが、野田総理が就任当時1000円カット店で散髪したことが話題になっていましたが、最近は、安倍晋三首相が渋谷の美容室に通っているそうです。ところが、美容師が首相の髪を切るのは「厳密に言うと法律違反の疑い」と、別の意味で話題になっています。
 厚生労働省健康局生活衛生課では、
  「美容所での男性のヘアカットを一律で禁じているのではなく、『パーマ等の行為に伴う美容行為の一環として』なら認めています。ただし、男性の『カットだけ』という行為は、本来的には理容所でおこなわれる行為と想定しており、美容所でおこなってよいという整理はしていません」
 との見解のようです。
 東京都のように「男性のヘアカットのみ」を黙認している自治体もあれば、厳しく取り締まる自治体もあって、ややこやしくしているそうです。 街には『美容師vs理容師』という縄張り争いが昔からありますが、散髪ぐらい利用客の利便性を最優先させて欲しいものです。

|

« 意外?「選挙と交通安全運動」 | トップページ | 国立市の「大日如来」と「大日建設」 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意外?「選挙と交通安全運動」 | トップページ | 国立市の「大日如来」と「大日建設」 »