« ちょっと一息 ブレイクタイム① | トップページ | 国立市の建設会社Googlemaps登載 »

2015年4月 1日 (水)

天を突き刺す「謎の光」の正体?

 ここ数日、午後7時前後ですが、甲州街道辺りを帰宅途中に川崎方向から、まるで天空に突き刺さるような勢いのある「光の柱」を目撃する機会がありました。
 その光源は何処で、何が目的なのかと気になっていたのですが、ようやく、その正体をテレビやネットなどで知り安心しました。Image_3
 この「光の柱」は、働く人たちへ「光のエール」が目的で、正式名称は『COSUGI TOWER OF LIGHT(コスギ タワー オブライト)』と言うそうですが、大型のペンライトのような技術でしょうか。
 発光時間は、午後6時55分から午後7時00分までの5分間だけで、3月13日から4月12日までの期間限定だそうです。
 発光地点は南武線「武蔵小杉駅」近くのマンション建設現場からで、企画した成田冠さんは武蔵小杉は働きに出ている人が多いので、この光で労働者にエールを送っているとのことです。
 午後7時ころといえば、帰宅時間を気にする勤め人が多い時間帯です。
 きっと今日あたりから、光の方向に視線を向けて、帰宅を急ぐ人も多くなることでしょう。ただ今日4月1日は、多摩地域は曇っていますので、国立市や立川市方面からはどの程度目撃出来るかは保証できませんが・・・・・・・

|

« ちょっと一息 ブレイクタイム① | トップページ | 国立市の建設会社Googlemaps登載 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

4/9(木)に新川崎駅(川崎市幸区)で見てきました。
普段この時間に武蔵小杉方面を見る機会がないのでこのブログ情報がなければ気付かなかったと思います。
国立駅は結構が距離あるのに見えるのは凄いですね。

投稿: トリックスター | 2015年4月 9日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちょっと一息 ブレイクタイム① | トップページ | 国立市の建設会社Googlemaps登載 »