« 国立市の市長・市議会議員選挙結果 | トップページ | 「二元代表制」程度の知識は常識です »

2015年4月28日 (火)

石井めぐみは国立の為になる人と期待

 今回の統一選挙では全国295市議選の女性当選者数は1103人と過去最Image5高の当選者で、改選定数全体に女性が占める割合は16.1%だそうです。しかし、我が街・国立市では22人中8人が女性ですから、他と比較しても割合の高さが一目瞭然です。
 今回、国立市議選で台風の目となったのは、
 無所属の新人・石井めぐみ(本名・石井葉子)候補と見ていましたが、結果は二位当選ですから立派すぎます。一位当選の青木健(自)氏が1,704票、石井候補は1,686票で、その差は18票と肉薄したことは凄いことです。組織票を持たない同候補者には、多くの浮動票が流れた可能性が高く、他の候補者にとって票読みが大きく狂ったはずです。
 石井めぐみさんのことは、30年以上前のドラマ「噂の刑事トミーとマツ」に女性警察官役で出演していたくらいの知識しかありませんでしたが、今回、選挙演説を聴いて単に知名度や人気頼りのタレント候補ではないと見ていました。石井さんには、市民に支持されている自信を追い風にして、遺憾なく力を発揮して欲しいものです。
 下段の演説内容からも、国立市の本当の問題点を把握していると分かり、市の為に何かをやってくれると期待するとともに、女優の片手間でない本気度を見守りたいと思います。
くにたちし 石井めぐみ個人演説会 2015.04.23
  https://youtu.be/VPTkjcehKJ0

|

« 国立市の市長・市議会議員選挙結果 | トップページ | 「二元代表制」程度の知識は常識です »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立市の市長・市議会議員選挙結果 | トップページ | 「二元代表制」程度の知識は常識です »