« 「這ってでも出席する」信念が欲しい | トップページ | 日本人オペラ歌手が米国歌を独唱 »

2015年4月 5日 (日)

「ソメイヨシノ」誕生は日本でしょう

 国立市の「大学通り」や「さくら通り」をはじめ各地で咲き誇る「ソメイヨシノ」は種子では増えず、す_2015べて接木で増やしたこと程度は知っています。よくぞ根気よく増やしたと思っていますが、誕生は意外に新しく、江戸末期に染井村(豊島区駒込)の植木屋が売り出したと伝えられています。
 この「ソメイヨシノ」に韓国が異常な執念で「韓国が起源」と喧伝しています。韓国では、「ソメイヨシノの原産地は韓国の済州島で、サクラの花見も韓国の文化だ」と主張しているそうです。
 更に中国でも、
 「日韓双方に起源を主張する資格はない。日本の権威ある桜の専門書『桜大鑑』には、桜の原産地は中国であり、日本には唐代に中国のヒマラヤ山脈地域から伝わった」」と主張しているそうです。
  韓国に植えられた「ソメイヨシノ」は、日韓併合の時代に全て植樹したもので、接ぎ木ですからDNAが同じとなることは当然です。
 それに桜と菊は日本の国花であり日本人の心です。000012_0
 韓国に植樹されたサクラを日帝時代の名残りだと、戦後、殆ど切り倒されたのですが、一部残っていた桜と花見の習慣が韓国庶民に復活しているようです。
 因みに、韓国の国の花は「木槿 (むくげ)=韓国では「無窮花(ムグンファ)」で夏の花ですが、この花見は盛んなのでしょうか。

  ちょっと待て!「韓国人はなんでもかんでも起源主張」のウソ―中国メディア
  配信日時:2015年4月4日 0時21分
 http://www.recordchina.co.jp/a105517.html

|

« 「這ってでも出席する」信念が欲しい | トップページ | 日本人オペラ歌手が米国歌を独唱 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「這ってでも出席する」信念が欲しい | トップページ | 日本人オペラ歌手が米国歌を独唱 »