« スギ花粉症撲滅を期待しています。 | トップページ | 国立市内の桜開花情報(3.30) »

2015年3月29日 (日)

「のらぼう菜」を家庭菜園で収穫

 数年前に、あきる野に住む友人から分けてもらった「のらぼう菜」が我が家の菜園で食べ頃に成長していましたので収穫してきました。20153image
 「のらぼう菜」は「野良坊菜」とも書き、菜の花の一種でアブラナ科の野菜ですが、江戸初期から西多摩(あきる野、青梅、埼玉南部)辺りに植えられ、江戸時代の大飢饉を救った伝説の野菜と聞いています。名称からも、野良に放置してもボーボー育つイメージがありますが、ライバルは、きっと八丈島名産の「あしたば(明日葉)」ではないでしょうか。
 事実、「のらぼう菜」は寒さに強く、秋頃にタネを播き、翌年3月頃の収穫となりますが、花茎を折ってもまた次の脇芽を何度も出す旺盛な生命力を持っていますので、根ごと抜かずに手で折り取りながら長期間収穫を楽しむことができます。
 食べ方は、淡白で癖がないことや彩が鮮やかで食感も良いので、おひたし、天ぷら、味噌汁の具材などにして毎日食べても飽きない味わいです。ただ残念ですが、まだ栽培量が少ないので、スーパーなどの店頭で見かける機会は少ないはずです。
 なお、このページを書くためにネット情報を得ようとしましたところ、
 「Vol.5 多摩の伝統春野菜 のらぼう菜 」と
 「くにたちあぐりッポ」のホームページに目が留まりました。
 国立市谷保の農家さんで「のらぼう菜」をつくっている鈴木政久さん、杉田重明さんは農薬は一切かけずに育てているそうで、谷保駅近くのJA富士見台支店駐車場で月曜日、金曜日にお買い求めいただけるそうです。
 (4月~10月:15時~/11月~3月:14時~)
  http://kunitachi-agri.jp/gotoyaho/norabouna/

〒186-0003 東京都国立市富士見台1丁目12−8
  JA東京みどり富士見台支店

|

« スギ花粉症撲滅を期待しています。 | トップページ | 国立市内の桜開花情報(3.30) »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

06、「趣味の菜園」失敗・自慢話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スギ花粉症撲滅を期待しています。 | トップページ | 国立市内の桜開花情報(3.30) »