« 大工の棟梁は“木くばり”が大切! | トップページ | 国立市でないのに、なぜ「西国立駅」 »

2015年3月 9日 (月)

国立駅前に国旗が掲揚される日は?

 JR国立駅南口ロータリーの円形公園南に、かつて国立に住んでいた陸軍大将・宇垣一成(うがきかずしげ)が「国威宣揚」と揮毫した「国旗掲揚塔」があります。Kunitachii_4001
 いつからかは知りませんが、Ugaki07
 国立市は、「東の国立、西の広島」と形容されるほどイデオロギー色が強く反映された街であると全国的に知られています。
 ところが、かつては国旗掲揚塔が国立駅前に造られ、日の丸を掲げるほど愛国心の強い住民が住む街だったのです。
 少し調べると、駅前や公園などに国旗掲揚塔が設置された街は珍しくないようですが、国立市教育委員会は
 「国威宣揚は、大日本帝國が大東亜共栄圏をつくりアジアの盟主として君臨するために、国威を宣揚するという意で掲げられた標語です。昭和12年(1937)に始まった日中戦争を背景に、村全体が戦争風潮に沸き立っていた時代の状況を物語る歴史資料です。国立市では、わたしたちが二度と戦争の過ちを犯さぬように・・・・・」
 などと見解を示した表示板を並べています。
 
 果たして、ここに再び国旗が掲揚されることはあるのでしょうか。
 国民の祝日などに国旗が掲揚されたら、きっと話題になることでしょう。
 当然ながら、平和を願う気持ちからです。

Img_4004

|

« 大工の棟梁は“木くばり”が大切! | トップページ | 国立市でないのに、なぜ「西国立駅」 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/59192667

この記事へのトラックバック一覧です: 国立駅前に国旗が掲揚される日は?:

« 大工の棟梁は“木くばり”が大切! | トップページ | 国立市でないのに、なぜ「西国立駅」 »