« 国立の建築限界ピッタリの建物? | トップページ | 幻だった?中央線「東立川駅」構想 »

2015年3月 1日 (日)

映画「振り子」は人間万事塞翁が馬

 独特のメィキャップで現れるお笑い芸人「鉄拳(倉科岳文)」さんのパラパラ漫画「振り子」が、『振り子~furiko~』 として映画化さImageれ、2月28日から順次全国で放映されるそうです。キャストは、中村獅童さん、小西真奈美さん、研ナオコさん、武田鉄也さんらの豪華なメンバーであることに、鉄拳本人が恐縮していました。
 このパラパラ漫画や映画は、「人間万事塞翁が馬」や「振り子の法則」がテーマとみています。
 主人公らの出会い、経営する店の倒産や妻の病気、様々の苦難に向き合う夫妻の姿、そして二人の人生に間違いなく時間を刻む様子を左右に揺れる振り子で表現しつつ、人生の吉凶や幸不幸を具現化したのでしょうが、少なからずご自分の人生の浮き沈みを反映されているはずです。
 もちろん私たちの人生にも重なるから感動しているのです。
 鉄拳さんの故郷は、長野県大町市で2年前から同市の観光大使に就任しているそうですが、郷里でも鉄拳さんのことは話題になっていることでしょう。

公式 高画質】鉄拳『振り子』パラパラ漫画 × 映画 特別ver. /♪ furiko

|

« 国立の建築限界ピッタリの建物? | トップページ | 幻だった?中央線「東立川駅」構想 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/59095265

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「振り子」は人間万事塞翁が馬:

« 国立の建築限界ピッタリの建物? | トップページ | 幻だった?中央線「東立川駅」構想 »