« 国立市「大学通り」の桜開花情報(3/20) | トップページ | 未解決殺人事件解決に協力しよう。 »

2015年3月22日 (日)

国立の「旧・高田邸」公開は22日迄です

 当社から直線で南方約500㍍付近に、昭和初期に建てられ住宅があります。
 この通称「旧・高田邸」と呼ばれている「国立市中1丁目13-30」の古い建物Mageが今月末にも解体されるそうです。
 この邸宅は、医師だった高田義一郎氏(1886-1945)が、1929年(昭和4年)に建てた住宅で、同氏が死去後も幾人かに転売されつつ大切に利用されていたのですが、さすがに老朽化が著しく保守管理に限界があったのでしょう。
 ここ武蔵野と呼ばれた地域は、かつては雑木林に覆われていたそうですが、
 明治22年(1889)中央線(甲武鉄道)が敷設され、Photo_2
 大正15年(1926年)には国立駅を誘致、
 そして、昭和4年(1929年)には南武線が開通されると、この辺り一帯も急速に開発が進められた模様です。
  高田義一郎氏が国立に住宅を建てた昭和4年は、正に、国立の草創期であり、国立の街の発展を見守り続けてきた証人でもあった建物でした。
公開の日程】 3月21日(土)・22日(日) 10:00-15:00
公開の場所】 旧高田邸  国立市中1丁目13-30
ご  注  意】 駐車場、駐輪場はありません

旧高田邸と国立大学町~85年の物語~
  http://takadagiichirou.tumblr.com/

|

« 国立市「大学通り」の桜開花情報(3/20) | トップページ | 未解決殺人事件解決に協力しよう。 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国立市「大学通り」の桜開花情報(3/20) | トップページ | 未解決殺人事件解決に協力しよう。 »