« 地名「光町」の由来は新幹線「ひかり」 | トップページ | バナジウム水VSアルカリイオン水 »

2015年2月17日 (火)

ブログ横のバナー取付けは難しい

 このブログをはじめて10日程度ですので、いろいろ模索しつつ更新しています。
 このブログには、月額250円の「ココログ広告ライトオプション 」を利用させていただいていますが、最初に迷ったのは、ブログ全体をどんなデザインにするかでした。
 記事作成の状態は「下書き」にしておいて、暗中模索で何度も何度も手直し検討を繰り返して、ようやく今の状態にしています。視読性の良し悪しは周りに意見は聞いていますが、結局は自己満足出来るかどうかなのでしょう。
 全体のデザインは、
 当初は自社のホームページ「大日建設株式会社 」と同じ「左サイドバー付」にしようかと検討したのですが、各種のブログパーツの取付けに魅力を感じたので「両サイドバー付」にしています。
 ブログパーツはご覧のように、カレンダー、天気予報、ニュース、地図、カウンターなどを取り付けていますが、一番手こずったのはブログの左上あるに「大日建設株式会社 」にリンクさせるバナーの取り付けでした。Dainichi_kensetu_2
 
 なんとなく簡単に画像にリンクさせることが出来るものと思っていたのですが、実際はかなりの回数を繰り返す面倒な作業手順でした。
 最終的には、バナー画像によるリンクをブログのサイドバーに表示する方法を教えてくださいというココログのブログ作成支援サイトを利用しています。
 実際の取付け作業では、
 パソコン二台を並べて起動させて、一台はこのサイトにリンクして画面を見ながら見様見真似で取付けたものですから、何も自慢できる話しではありません。
http://cocolog.kaiketsu.nifty.com/faqs/17565/thread
 慣れれば大したことないと思うのですが、何度も繰り返すことはないはずですので、直ぐ忘れてしまうことでしょう。
 概ねの取り付け手順は
1、気に入ったバナーを自分で作成し、半角英数で名前を付けてデスクトップやマイピクチャーなどに保存しておく。サイドバーの横幅を計算することも大切。
2、ココログの管理画面の「コントロールパネル」→「ファイル」の「新規ファイルのアップロード」から作ったバナーを保存する。
3、次に、「現在のフアイル」から「リンク」をクリックして、そのフアイルのURLをコピーするか正確にメモする。
4、バナーにリンクしたいホームページのURLをコピーして保存する。
5、赤く反転している個所は、ご自分の場合と入れ替える必要があります。
 <a href="http://dainichi-kabu.sakura.ne.jp/"> <img src="http://dainichi-k.cocolog-nifty.com/dainichi_top.jpg" border="0" / ></a>
6、ココログの管理画面の「マイリスト」を開けて、「マイリストの新規作成」の「リストのタイプ」と「リストの名前」に適当な名前を付ける。
7、「項目の追加」を開き、ラベルは何も書かないで「備考」に「メモ帳」などで作成しておいた。
<a href="http://dainichi-kabu.sakura.ne.jp/"> <img src="http://dainichi-k.cocolog-nifty.com/dainichi_top.jpg" border="0" / ></a>
  をコピーして貼り付け、すぐ下段の「保存」をクリックする。

バナー画像によるリンクをブログのサイドバーに表示する方法を教えてください

http://cocolog.kaiketsu.nifty.com/faqs/17565/thread345_2

186-0001  東京都国立市北2-8-1  
   大日建設株式会社 代表取締役 社長 杉山武久                                           dainichi@wish.ocn.ne.jp

|

« 地名「光町」の由来は新幹線「ひかり」 | トップページ | バナジウム水VSアルカリイオン水 »

04、ブログやパソコンに関する話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/58897415

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ横のバナー取付けは難しい:

« 地名「光町」の由来は新幹線「ひかり」 | トップページ | バナジウム水VSアルカリイオン水 »