« 富士見通りの富士眺望に電線邪魔 | トップページ | 国立の昔懐かしい道路名「八本通り」 »

2015年2月26日 (木)

今も健在「日本初のファミレス」国立店

 先日、甲州街道沿いの「ガスト国立店」を昼食で久々に利用しました。この「ガスト」は、かつて「スカイラーク」という店名でしたが幹線道路に面している割に駐車場も広く、メニューも豊富、かつ料金も良心的なので年に数回は利用しています。この米式の店構えやメニューなどの経営方針は、後に続くファミレスに影響したはずです。Photo
 この店舗は、日本初のファミリーレストラン「スカイラーク(skylark)」として、昭和45年(1970年)にオープンしています。小生が上京して2年後のことでした。
 名前の由来は、田無市「ひばりヶ丘」に「すかいらーく」の前身「ことぶき食品」の1号店があったからのようです。この小鳥の名でもある「ひばり」は、英語で「skylark(スカイラーク)」ですが、当時も人気の「美空ひばり」や天高く舞い上がるヒバリの飛び方も意識したことでしょう。事実、グループ店舗は、ガスト 1,356店、バーミヤン 342店、ジョナサン 299店、夢庵 10851d019acf1a97e4d80cb8a1282a15570店 、ステーキガスト 144店、グラッチェガーデンズ 100店、おはしカフェ・ガスト 67店、藍屋51店 などと数えきれないほどに飛躍しています。
 因みに、「ガスト国立店」の住所は、国立市ではなく「府中市西府町5丁目16−1」ですが、これはきっと、「国立ブランド」を意識して店舗名を決めたのでしょう。
 今日26日のガストの新聞チラシには
 「広島産牡蠣入荷・大人気につき特別感謝価格¥599→¥399」とありますので、近く、また利用しようと思っています。

|

« 富士見通りの富士眺望に電線邪魔 | トップページ | 国立の昔懐かしい道路名「八本通り」 »

03、 国立市界隈のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/59065442

この記事へのトラックバック一覧です: 今も健在「日本初のファミレス」国立店:

« 富士見通りの富士眺望に電線邪魔 | トップページ | 国立の昔懐かしい道路名「八本通り」 »