« 悪質リフォームは屋根や床下を狙う | トップページ | 国立の日本初文教地区指定の背景 »

2015年2月 9日 (月)

社長業は健康管理が第一です。

 昭和50年に国立市内に建設業・不動産業を創業して今年で40年を迎えます。
 同業者はもちろん、いろんな業種の皆さんとお付き合いがありましたが、創業当時から取引が続いているところは一社だけです。他の殆どは倒産・廃業、健康を損ねて離職、或いは借金に追われて自殺に追い込まれた不幸な方もおりました。
  長く続いた秘訣を問われることがあります。
 そのときは、「信用第一にコツコツと一つひとつ仕事をこなして来ました」と答えていますが、実際は「健康管理が第一」と思っています。私は大した趣味もなく、会社経営も趣味でやっているようなものですから、常に健康でいないと仕事を楽しめないのです。
 だからといって、特別な健康管理の秘訣など皆無なのですが、毎日忘れずに飲んでいるのが富士山の伏流水です。
 この伏流水を飲むようになったキッカケは、30年近く前のことです。
 当社の保養地近くの静岡県富士宮市猪之頭辺りで仕事をしていたところ、近所で休憩していた老人が、
 「ふんだけんど、こりゃぁー、ふんとうにうみゃぁ水ずらぁー、おまっちいも、めた、ほれ飲んでみたらどうずら、ヨッコショっと、ふんじゃぁ、又、来らぁ」
 と地元の方言で声を掛けられたことがキッカケでした。
  富士山付近で仕事があるときは毎日のように、この水のお世話になったことが習慣になり、以来、毎月のように水を求めて西富士に通い続けております。そして、自宅や職場では、お茶、コーヒー、味噌汁、炊飯などに利用しておりますが、おかげ様で風邪一つひかない健康体を維持しております。もちろん、当社に訪問されたお客様には、この伏流水でお茶やコーヒーなどを振る舞っておりますので、ご賞味いただきたいと思います。
 のちに知ったのですが、西富士の伏流水は、天然ミネラル「バナジウム」濃度が国内最高値と言われ、糖尿病や高血圧予防などの生活習慣病予防、健康増進に最適だそうです。
 186-0001 東京都国立市北2-8-1
          大日建設株式会社 代表取締役 社長 杉山武久 Dainichi_kensetu_2_4Wakimizu_20001454

|

« 悪質リフォームは屋根や床下を狙う | トップページ | 国立の日本初文教地区指定の背景 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/58871638

この記事へのトラックバック一覧です: 社長業は健康管理が第一です。:

« 悪質リフォームは屋根や床下を狙う | トップページ | 国立の日本初文教地区指定の背景 »