« 注目の警備「ランニングポリス」64人 | トップページ | 国立(くにたち)の発展と関東大震災 »

2015年2月23日 (月)

2月23日は「富士山の日」です。

 2月23日は「富士山の日」ですが、「世界文化遺産」登録以来、多少は世間から注目されるようになりました。いつの日か「国民の祝日」になればと期待しています。Dainichi_kensetu
 制定のキッカケは、
 2001年山梨県富士河口湖町が「(ふ)(じ)(さん)」のゴロ合わせから「富士山の日」とする条例を制定したからとも、2009年静岡県議会が富士山の世界文化遺産登録に向けて県民運動を盛り上げたいと「富士山の日」とする条例を全会一致で可決したからとも言われいます。
 今では、どちらでも良いのですが、「富士山のことは我が県が・・・・・」などとする本家争いはこんなところにもあるようです。私は富士山の麓町・静岡県富士宮市出身ですので、富士山のことには常に関心を持っていますが、現在では両県が競い合って盛り立ててくれれば幸いと思っています。
 富士を描き続けた横山大観(1868〜1958)は、0002348
 「富士の名画というものは、昔からあまりない。それは形ばかりうつすからだ。富士の形だけなら子供でも描ける。富士を描くということは、富士に映る自分の心を描くことだ。----中略---己が貧しければ、そこに描かれた富士も貧しい。富士を描くには理想をもって描かなければならぬ。(大観「私の富士観」)」
 と語ったと言われます。
  また万葉集にある、「田子の浦ゆうち出でて見れば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける(山部宿禰赤人)」、「我妹子に逢ふよしをなみ駿河なる富士の高嶺の燃えつつかあらむ(作者不明)」 などは、そらんじている歌です。
 今も月に一度は伏流水汲みなどの目的で、富士山通いは続いていますが、横山大観が語った言葉、「富士を描くということは、富士に映る自分の心を描くことだ」を思い出して、何処から観られても泰然としている富士に恥じない生き方を心がけているつもりです。

|

« 注目の警備「ランニングポリス」64人 | トップページ | 国立(くにたち)の発展と関東大震災 »

01、個人的に関心を持った話し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2101431/59031803

この記事へのトラックバック一覧です: 2月23日は「富士山の日」です。:

« 注目の警備「ランニングポリス」64人 | トップページ | 国立(くにたち)の発展と関東大震災 »