02、業界の大したことない話し

2018年4月17日 (火)

熊本城の石垣修復に「穴太衆」

 熊本では平成28年4月14日と16日の二度の激震で、熊本城をはじめ各地で甚大な被害が発生しましたが、熊本城の復旧には0005_151_2太衆の末裔も加わって順調のようです。さて、旧・陸軍は工兵という技術集団が重用され、「工兵の歌」では「挺身深く潜入し、野に臥すことも幾そ度、今ぞ臨むや目的地、地軸も砕けむ大爆破、退路遮断の任なりて・・・・」とあるように、戦況を大きく左右したそうです。
 戦国時代も、このような技術集団が重宝され、石垣等の石積集団の穴太衆(あのうしゅう)、鉱山掘削やトンネル技術集団の山衆(かなやましゅう)や百足衆(むかでしゅう)、鉄砲製造や火薬の原料の硝石を容易に手に入れる鉄砲傭兵集団の雑賀衆(さいかしゅう)などの、優秀な技術集団には大金を支払っても、多く雇い城郭造営や戦では敵の城の破壊工作に利用した武将が戦に勝利したようです。
 事実、秀吉も蜂須賀小六の率いる川並衆は、普段は水運や治水などの仕事をしていた人たちを戦で重用し、また、信長も「安土城」の築城に穴太衆を雇い戦では敵の城の破壊に利用したとされます。そして、甲斐の武田信玄も金山衆・百足衆を抱えて、金銀採掘による潤沢な軍資金で武田軍団を支えていたし、武田家滅亡後に家康が一早く千人同心や金山奉行・大久保長安などを保護したのは、実際は、多摩川上流の黒川渓谷沿いに多く住む「金山衆」による金山採掘やトンネル掘削の技術と知識が欲しかったからとされます。Support_bridge
 ところで、熊本城が熊本地震で大きな被害を受けましたが、この石垣修復に、穴太衆の末裔・粟田建設(滋賀県大津市)が携わっているそうです。「穴太衆」は、大古から古墳の造営の他に寺院や城郭などの石工技術を持った集団で、元々はユダヤの末裔とされ、シルクロードを東へ東へと移動する途中では、万里の長城や古墳の建設にも関係したとされます。なお、旧日本軍で工兵と呼ばれた技術集団は、陸上自衛隊では施設科部隊と呼ばれ、災害派遣では架橋や道路復旧に、PKO活動でも、現地の復旧活動等に活躍する様子が報じられますが、穴太衆や川並衆、雑賀衆に負けない仕事をすると言われています。そして、〇○衆と呼ばれた技術集団は、歴史の流れと共に日本各地に広まり、建築・土木全般で現代建築と融合して「物づくり日本」を支えているはずです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

西武多摩湖線復旧に約1か月とは

 8月22日、台風9号の影響で武蔵大和駅~西武遊園地駅間の多摩湖線で土砂崩れが発生し電車が脱線。運転見合わせの期間は、武蔵大和駅と東村山駅の間で、平日の朝と夜に臨時バスによる代行輸送を実施し、それ以外の時間帯は通常の路線バスを振替乗車として利用して欲しいと報道しています。
西武多摩湖線の不通区間、見込み早まり9月6日に運転再開Image2_2
 当社で西武多摩湖線の利用者はいないのですが、利用が想定される東大和市奈良橋5丁目で、当社が開発した建築条件付きの土地分譲8区画の販売を行っていますので触れておきたいと思います。この武蔵大和駅と東村山駅の間の臨時バスの運行は、武蔵Image1_4大和発は5時20分から8時30分にかけて約10分間隔、(5時台は一部約20分間隔)で運行される。代行バスが運行されない時間帯は、東村山駅西口発~立川駅北口行きなど通常運行のバスで対応するほか、西武園線で終発を延長し運行するそうです。
 特に迷惑を被る多摩湖線の沿線住民は、西武遊園地駅・武蔵大和駅・八坂駅の利用者と思われますが、対応不十分な臨時バスを当てに出来ない利用者は、家族などが乗用車で最寄り駅に送迎している影響や、道幅が狭く臨時バスのすれ違いが困難などからか、周辺道路は大変な混雑ぶりです。早くも、こんな事態が一ヶ月も続くのかとウンザリの模様です。復旧が長引く理由は、脱線場所が切通しでクレーンなど大型重機が入れないからでしょうか。よって、武蔵大和駅で折り返すことを含め早期運行再開を願うとともに、この路線の重要性に利用者や経営陣に限らず、親会社の西武ホールディングスの筆頭株主であるサーベラス(外資系企業)も気づいて欲しいものです。数年前、サーベラスから不採算路線とされる多摩川線、国分寺線、多摩湖線、山口線、秩父線の5路線の廃止を求められたことを思い出しています。
 なお、分譲中の土地は、武蔵大和駅のほかに、多摩モノレールの上北台駅、東大和駅も利用可能で、河川整備中の空堀川沿いの北側にあり陽当たり最高の場所です。気になった方はお問い合わせ下さい。
追記■西武多摩湖線の不通区間、見込み早まり9月6日に運転再開
http://trafficnews.jp/post/56768/Image1_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

「山の日」に人生と経営を想う

 今年から「国民の祝日」に8月11日の「山の日」が加わりましたが、この2016811_image0107祝日は日本山岳会を始めとする、山好きの皆さんの努力によって作られたそうです。それに、当初は8月12日が有力だったそうですが、8月12日は1985年に日航機123便墜落事故と重なるため、それを避けて11日になったことも知りました。きっと、お盆休みと連続した休みを想定させたことから、今日から土日を含め四日間連休の方々が多いはずです。
  さて、今日8月11日の読売の「編集手帳」でも「山の日」にちなんで、山スキーを人生に例えた話題です。 私は富士山麓の富士宮で育ったのですが、冬から春先の山の天気に恵まれた日には、近所の仲間と山スキーによく出かけて遊んだものです。しかし、富士山は遠方から眺めますとなだらかな斜面に見えますが、白銀の山に入りますと、谷あり岐あり崖あり、時には天候の急変から吹雪に遭遇することもあったものです。「編集手帳」でも「雪の山は人生の勾配に、どこか似ている。人生に迷う「」路があり、「」に立ち往生し「」に足をすくませ、越して安堵の「」がある。と語っています。
 我が社も、昨年創業40周年を無事に乗り越えましたが、登山や山スキーで体験したとおりに、経営においても、山の天候、進路方角の危険、雪崩れの畏れ、雪質や斜度、更にはメンバーの技量や健康に配慮するなど、気を遣うことは山ほどあったものです。今後も、登山や山スキーの経験から、人生や経営においても「引き返す勇気」や「危険を敢えて冒さない」などの判断を誤らないようにしたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年1月 3日 (日)

新年おめでとうございます。大日建設

201613image
   新年おめでとうございます。
  お陰様で弊社は、創業40周年を迎えることができました。
 これもひとえに地域の皆様、関係者の方々、そして職人さん一人ひとりに支えられ、一歩一歩着実に歩みを進めてきた結果と思っております。
 これからも大日建設(株)は、更なる前進を目指して歩んでまいりますので、何卒宜しくお願いいたします。                       平成28年 元旦
            大日建設株式会社 代表取締役 社長 杉山武久

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

建築の最初の儀式は「地鎮祭」

 先般、都内某所で執り行いました地鎮祭のことを遅ればせながらご報告致します。
 最近ではあまり見掛けなくなりましたが、住宅建築のImage00321_2最初の儀式と言われます地鎮祭をお客様の希望もあり執り行いました。秋深しと言えど暑い日でした。神主様も烏帽子をはじめ厳かな身支度のため汗を吹き拭きでした。我々も見慣れているとは言え神主様の古式豊かな厳粛な出で立ちを拝しますと身の引き締まりを覚えるものです。
 そもそも、「地鎮祭」とは当該地の清めと鎮め、これらを妨害する好ましくない居ついた神々(貧乏神等)をお清めにより退散を願い、お供物お神酒により恵比寿大黒等萬(よろず)の神のご加護を頂き、今後、風水害等災害に住まいがめげる事無く住まう方の健康と益々の繁栄を、また工事に携わる衆の安全、目的のお住まいが恙無く(つつがなく)無事完結を祈願するものです。我々建築に身を置く者としては、末永くこの儀式が廃れる事無く受け継ぎたいものです。
 地鎮祭に用意する物もいろいろですが、あくまで参考掲載致します。
青竹~祭壇の四方に立てる青竹 4本(当然枝葉付き)
 ~ 約20キロ 大バケツ2杯 鍬入れの儀に使用
お神酒~清酒1~2本
お供物海の物~尾頭付お魚(鯛等 昆布 スルメ)
        山の物~りんご 大根 人参 小松菜等 (これらに限らず)
        ※上記のほかに、お米、お塩  各お椀に軽く2杯ほど
作法具~鍬、鎌、スコップ、しめ縄 (儀式用の具有り)
        (三方(三宝)等は施工建設会社が用意してくれます。)
その他~足元用の敷物、時間を要しますので高齢者、妊婦様等用に椅子など
        雨天用テント、陽射し除け等が有れば便利です(建築会社に相談を)
ご祝儀~神主様 出席された工事担当関係者(設計者、監督、基礎、大工等)
         ※金額は地域により差異がありますので記しません。
 又、玉串等の儀式進行に必要なものは神主様が用意してくれます。
 これらの中で竹の用意が一番大変です。Dainichi_kk
 理由は、孟宗竹は比較的近郊でも入手し易いのですが、真竹は数少なく且つ前もって用意することも出来ません。竹は切断すると水の中に浸けても全く吸い上げませんので、我社では当日の朝に切り取っています。それでも夏の暑い日やトラックの荷台で風に当てると現場に付く頃には葉が縮み掛けています。近時、竹に似せたプラスチック製品も有りますが何となく味気無いので、当社では敷地の片隅で真竹養殖?(右写真)しております。再度になりますが慣行、地方により進行、お供物等はいろいろですから、ご参考程度にして戴きたく思います。

Scan10003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月30日 (月)

物づくりは見えないところを大切に

 「一事が万事」とは、一つの物事から、他のすべてを推し量るという意味です。
 キチンとしている人や会社は普段でも見えない所まできちんとしているもの20151130_imageで、どうでもいいと思っている人は全てにズボラな傾向があります。
 数年前ですが、老舗ブランドと思っていた「不二家」「石屋製菓」「赤福」「船場吉兆」などで次々と食品の偽装問題が発覚、また建築業界でも姉歯の耐震偽装で世間を騒がせていました。そして今は横浜の杭打ちデータ偽装です。
 このようなことがありますと、いつもは丁寧に誤魔化しなしでやっているといくら説明しても「一事が万事」と見られてしまいます。
  何故、こんな誤魔化しが起きるかと推察しますと、単純に見えない所を大切にしていないと言いきることが出来そうです。食品業界の製造年月日や産地偽装・建築業界のデータ偽装に共通している点は、作り手の動きや考えがお客様からは分からない見えないということでしょう。
 人間とは弱い者、易きに流れやすい者、ズルい者です。
 兎に角、任せたら口出ししないや、阿吽の呼吸で任せっきりは間違いの元です。
 管理者、監督は間違いない仕事を進めるために存在するわけですから、役割をシッカリ果たしてこそ給与を頂く資格が出るはずです。日本社会は信頼関係を大切にする性善説が先行している面がありますが、実際に起きていることを見れば逆です。もう、そろそろ全ての業界で一つひとつの仕事を丁寧に行い、見えないところを大切にする、誰も見ていないときでも手を抜かないものづくりの精神に立ち返って欲しいものです。今朝の読売新聞の記事には、オーケストラ演奏でも見えない部分を担当するコントラバスこそが大切な役割を担うと語っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

マンション傾斜、本当に悪い奴は?

 「ハシシタ 奴の本性」のタイトルで、佐野眞一氏と週刊朝日が橋下徹大Img_4846_2阪市長に対する人権を侵害記事では、相手を週刊朝日や佐野氏ではなく、親会社の朝日新聞に絞った点が見事でした。
 今日10月25日のフジテレビの「新報道2001」では、石井国交大臣や中央大学教授の野村修也氏、自宅が欠陥マンションだとして建設会社と争った経験のある女優の松居一代氏らが出演して議論を戦わせていましたが、松居氏の相手は元請けに焦点を絞るべきとの意見に賛同します。
 松居氏は、これまでの調査は身内同士の慣れ合い調査に過ぎないと批判した上で、責任は明確に絞らないと戦えないと指摘し、元請けである三井住友建設に的を絞るべきだと語っていました。
  横浜市のマンション傾斜問題報道では、杭打ち工事を担当した旭化成建材と旭化成がやり玉に上げられ、更に契約社員やオペレーターの人格にまで触れるなど「罪」を押し付ける報道が目立っています。
 しかし、データ偽装マンションの建築や販売で一番利益を上げた「本当のワルは誰なのか」と絞ることも大切なはずです。それに、地盤調査を行って杭を打ち込む場所や、一本一本の長さや太さを設計したのは三井住友建設と言われています。
 実際の工事では、想定より「支持層」が深い場合を発見すれば、下請けは元請けの工事管理者に判断を仰ぎ、長さが足りなければ杭を8647継ぎ足すことになるのが一般的です。
  横浜の現場では、工事の進捗状況の確認や安全の確認は1次下請けの「日立ハイテクノロジーズ」が担当していることも忘れてならない存在と思います。そして、横浜のデータ偽装によるマンション傾斜事件の被害者弁護も、橋下徹氏が大阪市長を辞めたなら依頼すれば適任のはずです。
 きっと、本当のワルは誰なのか相手を絞って戦うはずです。

Img_4840

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

我が社の「基礎工事」は万全です。

 横浜の欠陥マンション偽装から建築物の基礎工事の重要性が問われています。
 まず、「関東ローム層」は軟弱地盤らしいとの誤解を解いておきたいと思います。
 関東ローム層は、関東の台地や丘陵に堆積した火山灰質粘土で、柔らかい火山灰のイメージと違って強い地震耐性があり、住宅建築に向いた地盤といえます。
 しかし、関東でも低地で水路や河川、湖沼の近くは軟弱地盤と見られています。 
 さて、「基礎」とは文字通り、「」の(いしずえ)と言われる如く重要です。
 地上の目に見える建物をどんなに豪華にしても、基礎部分を疎かにしたなら、それこそ砂上の楼閣です。逆に、基礎さえシッカリしていれば、その上の建築物は、長年に亘り、風雪や地震などに耐え忍ぶことが期待できます。2
 当社でも建築の出発は必ず地盤調査の作業から入ります。地盤は、どんな目利きでも表土を見ただけでは決して判断は付きません。
 当社の場合は、その下の地質・強度調査はボーリングで掘削し、コアを採取して行っています。また、建築物によっては重心が片寄る場合も有り、特に、その部分の強度を調査する意味からも、掘削によるデータが重要です。その重要なデータを捏造・無視しては論外の話しです。それなのに、横浜市の「欠陥マンション偽装」のような例が発生するのは何故なのでしょうか。1
 考えられることは、
①基礎工事に伴うデータ解析は、専門家以外では理解し難く、仮に説明を受けても分かりずらいこと。
②基礎は土中深くに埋設されるため発見され難いこと。
②仮に、基準を満たさない基礎でも、建物傾斜などの欠陥が発生する迄、相当の年数経過を要するために、その間の地震発生や自然劣化などを傾斜理由とし、工事当時との因果関係を証明し難い点もあること。
 などが考えられます。よって、欠陥基礎や手抜き建築が平然と行われても、之まで、何の不具合も出ず平穏に過ぎ去っている建物も多く有るはずです。我が社が手掛けた建築物も、以前は多くが「布基礎工法」が一般的でしたが、最近では殆どの場合「ベタ基礎」と呼ばれる耐圧基礎工法が主流です。加えて、技術の向上は勿論のこと、鉄筋量、コンクリート量を格段に多くすることで、基礎全体で建物を支持する構造のため、安定性、堅牢性が格段に向上しています。これらの写真は我が社の基礎工事中のものですが、今後も、引き続き信頼される技術を全ての現場で提供する決意でおります。

611

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

建設工事の品質向上は人材確保と育成

 建設業界では、建築物の品質向上は人材確保と育成からと、知る限り50年以上も前から言われ続けています。度々起きる問題は、この人材確保の大号令が浸透していない現状を浮き彫りにしています。Image
 横浜市の「欠陥マンション偽装事件」では、70本の杭のデータが改ざん、8本の杭が固い地盤に十分に届いていないことが確認され、その言い訳は情けなく聞くに堪えない話しばかりです。
 「紙切れや紙詰まり」
 「計測装置のスイッチの入れ忘れ」
 「病気で休んだときの引き継ぎが不十分だった」
 「固い地盤への到達を確認しないまま作業を終了した」
 「固い地盤の傾斜が急だったため、到達したと勘違いしたなどが考えられる」
などの言い訳は、完成後ではプロでも確認が難しいのに、「そんな重要なデータをナゼ忘れるの、発覚するはずがないと思っていたのか?」と、隠ぺい工作を疑われても仕方ないことです。
 しかし、こんな稚拙な隠ぺい工作や手抜きは何故起きるのか原因を追及することが大切です。 要因の一つに、下請けに対する徹底したコストの縮減があ00003_commり、最後に損を押し付けられる構図にあると言われ、仕方なしに下請けは従わざるをえない現状が垣間見えます。
 これでは、高い技術と強い責任感を持った有能な人材が育つはずがありません。傾斜したマンションを手掛けた三井不動産レジデンシャルは、不動産の総合デベロッパーのトップとして、「街を創る」をキャッチコピーに掲げ、ビル開発・マンション開発・戸建住宅開発などに積極的に事業展開しています。
 杭打ちを請け負った旭化成・浅野敏雄社長は、「深く深く反省し、おわび申し上げます。」と涙ながらに謝罪していましたが、住民からすれば謝って済む話しではありません。また、旭化成の「ヘーベルハウス」は、先般の鬼怒川堤防決壊でも倒壊しなかったことから丈夫な建物として評価されています。しかし、今回は正に「旭化成よ、お前もか」と、我が目を疑ったはずであり、当分は、天国から地獄に落ちた心地が続くことでしょう。まずは、この問題を他人ごととせずに、貴重な「他山の石」として、建築物の品質向上は人材確保と育成であり、「現場の担い手こそ重要」であると大切にしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

「1:29:300の法則」でミス減少対策を

 「欠陥マンション偽装事件」は「1:29:300の法則」を疎かにした結果と思います。
 よって、「過去には何も無かった」今回だけが大失敗だったはありえないはずです0000_svg
 それにしても、このような失敗は、住民やマスコミ対応でトップから社員まで心労と自信喪失、士気の低下、そして社会的制裁、経済的損失など痛手が悲惨すぎます。
 さて、「1:29:300の法則」とは労働災害において、1件の重大事故の背後には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという法則を導き出したハインリッヒに由来し、「ハインリッヒの法則」とも「ヒヤリ・ハットの法則」とも呼ばれています。
  建設業界も昔から、人身事故や建築物の崩壊など、大なり小なりの失敗事例は枚挙にいとまがない業界です。
・高所作業中、足場から転落する。
・脚立やハシゴで作業中、バランスを崩して落下する。
・資材が倒れて下敷きになる。
・資材を落下し通行人に重傷を負わせる。
・外壁塗装中、駐車車両や近隣家屋に塗料を散布させた。
・建物の引き渡し後、不備が発覚し居住者に損害を与えた。
 このような失敗を最小限にするために、「ゼロ災運動」など安全管理の徹底、安全資材の開発と発展、作業マニュアル作成や作業員の相互チェックなどにより、大幅に減少していることも事実です。0000067
 大幅減少の背景には、意識しようがしまいが、この「1:29:300の法則」が働いているように思えます。作業員や現場監督が「ヒャッとした」「しまった」と感じたことは、次の重大事故を防ぐための改善の大きなチャンスです。しかし、この「ヒャッとした」という貴重な体験を無視したのでは、改善のチャンスを見逃したことになります。
 少なくとも、ミスの原因を調査し、改善と対策を記録して組織で共有することです。
  横浜の「マンション傾斜」は、重機のオペレーターや施工管理者(現場監督)は前々から、いいかげんなチェック体制などに気が付いていたはずです。気が付いていたからこそ、平気でデータを改ざんしたり他の現場のものをコピーして取り繕ったのするのです。
 人間は誰も見ていないと、易きに陥りがちなもの・・・・・
 「性善説」からくる「信頼する」「任せる」は聞こえはいいですが、裏切られることも同時にあると経営者や管理者は覚悟すべきです。「マンション傾斜事件」の場合、チェックする立場にある工事監理者として、「教えない罪」「管理しない罪」「指摘しない罪」は極めて大きいのです。我が社も「他山の石」としたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)